[2016年版]平塚七夕祭りの日程&見どころガイド

湘南の平塚七夕祭り、2016年の日程は?

photo by Aimaimyi
photo by Aimaimyi

関東三大七夕祭りのひとつに数えられる、湘南ひらつか七夕まつり。

平塚七夕祭りと書かれることが多いですが、「ひらつか」と「まつり」をひらがなで書くのが正式名称です。

ひらつか七夕まつりは、毎年、最終日が日曜日になるように開催されます。

2016年の開催日程は7月8日(金)・9日(土)・10日(日)の3日間。

3000本もの七夕飾りが彩りを添える華やかなお祭り、ぜひ日程を合わせて出かけてみてはいかがでしょう?

2016年、ひらつか七夕まつりの由来や見どころを紹介します。

スポンサーリンク

湘南ひらつか七夕まつりとは

ひらつか七夕まつりが始まったのは1951年。

第2次世界大戦での空襲ダメージからの復興を記念して行われた「復興まつり」がきっかけとなり、それが翌年から、仙台の七夕まつりをお手本とした「七夕まつり」へ発展しました。

2016年の七夕まつりは第66回目。伝統ある、湘南市の夏のお祭りとして定着しています。

スポンサーリンク

湘南ひらつか七夕まつりの見どころ

湘南ひらつか七夕まつりの開催地は、JR平塚駅北口商店街を中心とする、平塚市内全域。開催期間中は、街全体がカラフルな七夕飾りで彩られます。

お祭り期間中は、昼も夜もイベントや見どころがたくさん。

  • 屋台・出店
  • 湘南スターモールの2016年版、七夕竹飾り
  • 約3000本の七夕飾り
  • 織姫(ミス七夕)と音楽隊のパレード
  • 地区ごとに開催される七夕飾りコンクール
  • 平塚八幡宮に奉納される七夕の短冊販売

ひらつか七夕祭りの七夕飾りは電飾が付いているものが多いのが特徴で、夜はライトアップで一層華やかに。

夜は21時まで開催されているので、より七夕らしい気分を味わいたいなら、ぜひ夜の訪問もおすすめです。

2016年湘南ひらつか七夕まつりへのアクセス

ひらつか七夕まつりの会場は、JR東海道線平塚駅の北口または西口北側出口を出てすぐ。

小田急小田原線の本厚木駅・伊勢原駅・秦野駅から、平塚駅北口行きのバスに乗ってもアクセス可能です。

七夕まつり開催期間中、平塚駅周辺には10:00~21:30まで交通規制がかかります。車両での通行はできないので、車より電車かバスを利用したほうがよいでしょう。

平塚駅までは、電車で新宿駅から約1時間。東京都内からお出かけするにもほどよい距離感です。

2016年の七夕を、ひらつか七夕まつりでたっぷり楽しんでみてはいかがでしょうか。