シワの原因は紫外線が80%!シワは年齢とは関係ない!?

肌が老化してシワができる原因は、年齢よりも紫外線!

顔を遮るように両手を上げた女性の写真肌にシワができるのは年齢のせい…

なんて思っていませんか?

これも間違いではありませんが、実はシワの原因で1番大きいのは紫外線。

年齢の影響ももちろんありはしますが、その割合は紫外線に比べればわずかなもの。

シワの本当の原因、紫外線による光老化について解説します。

スポンサーリンク

肌老化の原因の80%を占める「光老化」とは

頬を触って怪訝な表情をしている女性の写真光老化とは、紫外線により肌がダメージを受け老化してしまうこと。

自然老化で老化した皮膚は薄くなって乾燥しやすくなりますが、光老化で老化した肌はゴワゴワと硬く、シワになりすい特徴があります。

アメリカ皮膚科学会では、皮膚の老化の80%は光老化が原因であるとしています。見た目が老けていくのは年齢のせいではなく、紫外線を浴びるからということになりますね。

私たちの肌はミルフィーユのような層構造になっていて、簡単に言うと真皮の上に表皮が重なっています。

普段スキンケアでお手入れしているのは表皮の部分。表皮は角質層からなり、定期的に古い細胞が剥がれ落ちてターンオーバーを繰り返しています。

だから、表皮に受けた肌ダメージはスキンケアで回復させることができるんですね。

一方、表皮の奥にあって肌の土台を支えている真皮は、ほとんどターンオーバーすることがありません。

そしてやっかいなことに、紫外線は肌の奥深くまで到達し、この真皮にダメージを与えます。すると肌の土台が崩れてしまい、それが深いシワとなって表れるのです。

確かに、シワができるのは常に日光に当たっている顔や手で、服で隠れた体の部分にはシワはできませんよね。

これは顔と体の皮膚に何か違いがあるわけではなく、紫外線を浴びた量の違いだということです。

スポンサーリンク

シワ予防=紫外線予防!

青空に太陽が輝いている写真シワを予防し、これ以上目立たせないためには、紫外線対策が非常に重要。

紫外線は1年中、地上に降り注いでいますから、やはり日焼け止めも1年中必要です。

特に、真皮にダメージを与えて光老化を引き起こすUVAは、雲やガラスも透過する性質があります。

屋内にいるから、天気が曇りだからといって安心はできません。

顔や手など、シワを作りたくない場所は、常に日焼け止めでガードするように心がけましょう。