保育園の入園式に行ってきた!当日の服装や流れをレポートします。

保育園の入園式って、何するの?

式典用に飾り付けされ、椅子が並べられた体育館内の写真4月から保育園の1歳児クラスに通う娘の入園式へ行ってきました。

この地域には転勤してきたばかりで、周囲に保育園のことを聞けるママ友はなし。

  • 保育園の入園式の服装ってスーツ?平服?
  • 旦那も一緒に行くもの?
  • そもそも何をするんだろう…

などなど、参加前には疑問ばかり。

無事に入園式を終えた今、当日の流れや周囲の人たちの服装について振り返ります。

保育園の入園式に着ていく服や持ち物で迷っているママさんの予習に役立てば幸いです!

スポンサーリンク

入園式当日の持ち物

私が少し迷ったのが、当日の持ち物。

これから保育園に入る方は、おそらく事前の説明会や面談で、通園時の持ち物の指示を受けているかと思います。

例えばおむつ、着替え、ハンカチタオル、お昼寝布団など。

これって、入園式の日に持っていったほうがいいのかな?と迷ったのですが…

保育園グッズは登園初日に持っていけばOKで、入園式当日は特にこれといった持ち物はありませんでした。

 

スリッパは一応持参したのですが、私の場合は、結局使わず。

園内は、基本的に園児も先生も靴下・裸足のままで駆け回っているので、あまりスリッパを履くという習慣がないようです。

保護者会やお迎えの時も、スリッパを使ったことはありません。

 

ただ、保育園によるとは思うので、心配な人は念のため持参したほうが安心かも。

保育士の先生からも、同じ市内の認可園でも園風が違って、ここはとってものんびり自由、隣の保育園はキチキチっとしてると聞きました。

また、入園式に限らず、保護者が参加する行事では「スリッパ持参」と言われることが多いので、後々も使える折りたたみスリッパを1つ用意しておくと便利だと思います。

スポンサーリンク

保育園の入園式、保護者の服装はスーツ派が多数

入園式参加時に、1番気になるであろう服装について。

入園式の1ヶ月前にあった説明会では、保護者全員が普段着でラフな雰囲気で、入園式の服装についても特に言及がなかったため、私はちょっときれいめのワンピースで参加しました。

地方都市で周囲が畑に囲まれた田舎の保育園なので、そこまでキッチリしなくても大丈夫でしょ、という気持ちもあり。

 

しかし当日、保育園に着いてみると、意外なことに保護者の大半はスーツ姿。

4月という季節柄かブラックフォーマルではなく、ベージュ系の柔らかい色のスーツを着ているママが目立ちました。

「あれ、やっぱりフォーマルな服装のほうが良かった…?」

と一瞬後悔ましたが、普段着の方もゼロではないのと、保育園自体が学校のようにカッチリした雰囲気ではないのとで、普段着でも浮いてしまうということはなく、結果オーライ。

この後で詳しく書きますが、式中も0歳児・1歳時が絶えず泣き叫んでは動き回る!という状態だったので、そこまで服装を気にするような雰囲気ではなかったです。

ただ、さすがにTシャツ・ジーンズ、ほどラフな人はいませんでしたね。

保育園の入園式、父親の参加率は4~5割くらい

保育園の入園式には父親も参加するのかどうかも気になるところですが、私が見た感じでは、夫婦揃っての参加は半分いるかいないかくらいでした。

入園式は平日だったので、皆さん有給を取って参加されていたのではないかと。

 

これを多いと見るか少ないと見るかは人によると思いますが、個人的にはけっこう多いなあと思いました。

我が家では、保育園は行く子もいれば、行かない子もいる、「通う」というより「利用する」もの、という意識が強かったので、夫は入園式には参加していません。

 

参加していたパパさんたちの服装はほぼスーツで、ハンディカメラ片手に熱心に我が子の撮影をしているパパが多かったのが印象的でした。

子供たちの服装は、おめかしから普段着までさまざま

最後に子供たちの服装ですが、これはさまざま、バラバラ。

入園式に参加するのは0歳と1歳の子供がメインなので、子供というより、まだ赤ちゃんに近いんですよね。

なので、場に合わせるというよりは親の趣味が出ていて、お宮参りのドレスのような格好の子もいれば、普通のベビー服の子もいました。

男の子のほうが、フォーマルなお洋服の子が多かったかな?

 

どんな格好でも特に浮くようなことはないので、親の好みで選んでしまって大丈夫だと思います。

親がほぼ平服参加の我が家は、娘ももちろん、普段着でした(笑)

服装チェックが終わったところで、次は入園式の流れについてです。

保育園の入園式の流れ

入園式は、次のような流れで進行しました。

  1. 受付
  2. 入場
  3. 園長先生挨拶、保育士の先生の紹介
  4. 入園生の点呼
  5. 先輩クラスの子供たちの出し物
  6. 退場

受付はしごく簡単で、玄関に置いてある入園生名簿にマルを付けるだけ。

同じ場所にクラス分けが発表されていたので、子供の名前を探し、所属クラスの教室で待機します。

 

時間になったら、入園式会場であるお遊戯室(という名の体育館のような広い部屋)前へ。

小学校のように出席番号などは決まっていないので、順不同にゾロゾロと出て行く感じです。

お遊戯室では2歳以上のクラスの子供たちが待っていて、音楽と拍手の中を入場。

保護者用の椅子と小さい子供椅子がセットで並べられた席に着席しました。

子供椅子もあるにはあるのですが、親から離れると泣いてしまう子もいたので、うちも含め、実際には抱っこのままの子のほうが多かったです。

 

着席完了したら、入園式スタート。

園長先生の挨拶と、保育士の先生たちの紹介がありました。

(ちなみに、先生たちは皆さん黒のスーツでした。)

その後は、各クラスの担任の先生が1人1人、子供たちの名前を呼び、親が代わりにお返事。

この時には、もうおとなしくできない子も多く、エビ反りになって泣く子あり、近くの遊具で遊び回る子あり、ハイハイで脱走を計る子あり…と、なかなかカオスな状況でした(笑)

 

でもここは保育園ですから、気にしてる人なんて誰もいない!

子供をあやすために席を立ったり離れている保護者も多数。

うちの娘も少しぐずる場面がありましたが、この雰囲気なので周りを気にすることなく、終始リラックスして入園式に臨めました。

 

点呼の後は、2歳以上の年長さんクラスの子供たちによる出し物。

可愛らしい歌や踊りを披露してくれました。

入園式の内容では、この出し物の時間が1番長かったです。

もともと子供好きではない…というか、むしろ子供は苦手だった私ですが、自分が親になってみると見方は変わるもの。

年長さんのお遊戯を見て「3歳になったら、こんなことができるのか~」などと思いながら、微笑ましく見せてもらいました。

 

全クラスの出し物終了後、年長クラスのお兄さん・お姉さんたちから、子供用お菓子の詰め合わせのプレゼントを受け取って、入園式の全式次第が終了。

音楽に合わせて退場し、いったん教室に戻ってからは自由解散でした。

所要時間は2時間程度

保育園の入園式全体の所要時間は、2時間程度。

午前9時から開場で9時半スタート、終わったのは11時過ぎくらいです。

パパがお仕事をお休みする場合、午前半休を取って午後から出社できるよう配慮されているのかもしれません。

わからなければ、保育園に聞いてしまえ

以上、私と娘の保育園入園式の様子を紹介しました。

これから入園式の方々に多少なりとも参考になればと思いますが、本当に心配な時は、保育園に直接聞いてしまうのが1番の解決策。

「保護者の皆さんは、どのような服装で来られますか?」
「式の終了は何時頃の予定ですか?」

など、気になることは電話で聞いてしまえば、あっさり解決するはずです。

 

入園式のことではありませんが、私はママ友がいないので、保育園通園時の持ち物に関して迷った時に一度電話をしたことがあり、その時にはとても親切に教えていただきました。

保育園の電話に出るのは、基本的に保育士の先生方。

いつも子供を相手にしているだけあって、皆さん朗らかでフレンドリーです。

あまり何度も電話をかけたり時間をかけたりするのは良くありませんが、聞きたいことを簡潔にまとめて聞く分には、きっと親切に対応してくれると思います。

初めての保育園ライフは親もドキドキですが、皆さんが良き入園式を迎えられますように!