おかあさんといっしょ出演は3歳限定!応募のコツや倍率を詳しく解説

おかあさんといっしょに子供を出演させるには?

カラフルなボールプールで遊んでいる子供のイラストNHK「おかあさんといっしょ」で、うたのおにいさん・おねえさんと一緒にスタジオ出演しているたくさんの子供たち。

実は、このスタジオ収録の子供たちは毎月一般応募で募集されておおり、あなたのお子さんにも、おかあさんといっしょに出演できるチャンスがあります。

いつも見ているおかあさんといっしょに出演できたら、子供にとっても家族にとっても、一生の思い出になりますよね。

では、どうすればおかあさんと一緒に出演できるのか?

おかあさんといっしょの出演応募方法や応募のコツ、さらに当日の収録の様子や決まりについて、詳しく解説します。

スポンサーリンク

おかあさんといっしょ出演応募の条件

おかあさんといっしょの出演応募には、次のような条件があります。

  • NHKネットクラブプレミアム会員であること
  • 3歳の誕生月から4歳の誕生月までの年齢であること

まず1つ目は、NHKネットクラブプレミアム会員であること。

これは無料で登録できますが、NHK受信料を払っていることが登録条件になります。

受信料の支払いをNHKが確認したうえで登録完了となるため、未払いがある人は、まずNHK受信料を収めることから始めましょう。

NHKネットクラブプレミアム会員の登録ページはこちら≫

 

2つ目は、子供の年齢。

3歳になる誕生月から、4歳になる誕生月までの子供が対象です。

3歳0ヶ月~4歳0ヶ月までの13ヶ月間ということですね。

 

NHKネットクラブプレミアム会員登録済みであること、子供が3歳~4歳0ヶ月までの年齢であること。

この2つを満たしていれば、おかあさんといっしょの出演応募が可能です。

では、具体的な応募方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

おかあさんといっしょ出演応募方法

おかあさんといっしょの出演応募は、NHK公式サイトからのインターネット応募での受付になります。

収録場所は東京渋谷のNHK放送センター内スタジオで、参加費は無料。

応募は一世帯あたり1件に限定され、親や友人からの代理応募はできません。

(双子など、年齢の同じ子供が複数人いる場合は、一度で子供の人数分を申し込みできるので、ご安心を!)

抽選に外れても何度でも応募は可能なので、子供が4歳になるまで、最大13回の応募チャンスがあります。

 

応募締め切りは毎月25日(土日祝の場合は前後の平日にずれます)。

翌月の9日に、当選・落選に関わらず、メールで抽選結果の通知が来ます。

 

なお、出演日時の指定はできません。

出演日時は、応募月の約3ヶ月後の平日(まれに祝日のこともあり)で、NHK側から指定され、当選した場合にハガキで案内があります。

収録日が基本的に平日であること、遠方から参加する人も多いことから、仕事の休暇や宿泊の調整が付くよう、余裕を持って設定されているのでしょうね。

おかあさんといっしょ出演応募のコツは?

おかあさんといっしょ出演応募のコツは、記入ミスをせず正確な情報を入力すること。

子供の名前や生年月日を偽った不正応募は論外ですが、記入ミスがあった場合にも、当選が無効になる可能性があります。

収録当日は、応募内容と相違がないか、保護者と子供、両名の本人確認書類の提出が必要で、応募内容と一致しない場合にはスタジオへの入場ができません。

 

実際に個人情報を偽った不正応募が発見されているということで、NHK側も注意を呼びかけており、不正応募には落選に加え、以降の応募の無効という措置を取っています。

少しでも当選確率を上げたい気持ちはわかりますが、裏技などはありませんので、とにかく間違いのないようにだけ気をつけましょう。

おかあさんといっしょ出演応募の倍率は?

ここでどうしても気になるのが、出演応募の倍率。

おかあさんといっしょ出演応募の倍率は公表されておらず、不明です。

 

参考までに、現在のインターネット応募ではなく、過去に往復ハガキを使った応募が行われていた時の倍率は22倍、当選確率で言うと4.5%であると言われていました。

これは、当時の応募ハガキ数が年間20万通であたこと、年間に出演できる子供の数が9000人であることから計算された数値。

ネット応募になったことで、ハガキよりも応募ハードルが下がったと思われるので、現在の当選確率はさらに低くなったと考えて間違いないでしょう。

 

となると、当選確率はわずか数%の狭き門なので、確率から考えると、13回すべて応募したのに当たらなくても、不思議はありません。

実際、1年間応募し続けたけれどダメだったという声も見受けられます。

やはり、かなりの高倍率が予想されますね。

つぎ、この倍率をくぐり抜けて当選を手にすると、どんな体験ができるのか、スタジオ収録当日の流れについて紹介します。

おかあさんといっしょスタジオ収録当日の流れ

収録時間と付添人数

おかあさんといっしょスタジオ収録の開始時間は11時台、14時台、16時台の3つあり、所要時間はいずれも約1時間半。

日時については、当選ハガキで指定されます。

当日、子供に付き添えるのは、子供の数に関係なく保護者1名のみ。

保護者と子供、双方の本人確認書類を持参し、応募内容と相違がないことを確認したうえでの入場になります。

付き添いできなくても、NHKスタジオパークから見学可能

一緒にスタジオに入れるのは1名のみなのですが、収録スタジオと同じ、NHK放送センター内にある「NHKスタジオパーク」から、収録の様子を見学することは可能です。

スタジオより高い位置にあるガラス窓越しにスタジオ内を見下ろすような形での見学となり、音声を聞くことはできませんが、収録の雰囲気は十分に伝わります。

スタジオパーク内には楽しい体験コーナーやカフェなどの設備も充実しているので、レストランも子供向けのお父さんや兄弟が一緒に来る場合は、こちらから見学するといいかもしれませんね。

スタジオ収録開始まで

入館後はまず控室で待機し、スタジオ収録開始時間になったら点呼やお土産(NHKキャラクターのTシャツ)の配布、注意事項の案内などが行われます。

その後、歌のおにいさん・おねえさん、体操のおにいさん・おねえさんが子供たちをお迎えに来てくれ、おにいさんとおねえさんの案内で、いよいよスタジオへ!

スタジオへ移動後、リハーサルをしてから本番に入ります。

スタジオ収録本番

リハーサル終了後は、いよいよ本番。

収録は、いつも見ている、おかあさんといっしょの番組と同じ順番で進みます。

「パント(体操のおねえさんのコーナー)」もこのスタジオ収録時に撮影され、出演する子供は、当日参加している子供の中から選ばれます。

うちの子供が選ばれるかも…!?と、ドキドキしてしまいそう。

 

なお、リハーサルを含めたスタジオ収録中、付添の父母は、スタジオ内に用意された観覧席での見学になります。

おかあさんといっしょで子供たちが踊っているあの場面、実は画面外にはお父さん・お母さんたちがいて、固唾を呑んで我が子を見守っているんですね。

集合写真は有料

収録が終わったあとは、おにいさんやおねえさん、子供たちみんなでの集合写真を撮影して終了。

この写真は有料(1250円)で購入することができます。

スタジオ内は撮影・録音厳禁なので、当日の写真が手に入るのはここだけ。

せっかくここまで来たのだから、記念に絶対欲しくなってしまいますよね。

おかあさんといっしょ以外の一般公募は…?

以上、おかあさんといっしょの出演応募について紹介してきました。

かなりの高倍率なので、他にもう少し、当たりそうな番組やコーナーはないかな…?と考えたくなりますよね。

そこで、NHK・Eテレで、おかあさんといっしょ以外にも一般公募があるのかを、最後に紹介します。

番組や応募の詳細については、NHK Eテレ公式サイト内の番組HPで確認してくださいね。

NHK Eテレこどもポータルへ≫

おとうさんといっしょ

おかあさんといっしょと同じ東京渋谷の放送センターで行われる、「おとうさんといっしょ」の参加者が一般公募されています。

対象年齢は、おかあさんといっしょより1歳年上の4歳0ヶ月~5歳0ヶ月。

おかあさんといっしょに残念ながら落選してしまった場合は、おとうさんといっしょでリベンジを狙ってもいいかもしれません。

ぱじゃまでおじゃま、はみがきじょうずかな

「パジャマでおじゃま」「はみがきじょうずかな」は、コーナー単体での一般公募はありません。

おかあさんといっしょのスタジオ収録応募者及びに参加者のうち、東京近郊の家庭に、NHK側から出演依頼の連絡があるとのこと。

これもまた狭き門なのは間違いありませんが、東京近郊にお住まいの場合は、おかあさんといっしょ出演応募をすることで、少しでも可能性が生まれるようです。

いないいないばあっ!

「いないいないばあっ!」に出演しているのは、1歳3ヶ月~1歳8ヶ月までの劇団所属の子供たちで、一般公募はありません。

NHK公式のFAQによると、スタジオ収録という特殊な環境で、泣かずに体操してもらうため、撮影環境に慣れた劇団の子供たちの中からオーディションで選んでいるとのこと。

えいごであそぼ

「えいごであそぼ」では、カーリーが担当する「Let’s speak English!」の出演者を一般公募しています。

親子での参加のほか、幼稚園や保育園などの団体応募もOK。

応募はインターネットまたはハガキ・手紙です。

カーリーに教えたいことや、一緒にやりたいことを詳しく書き添えての応募になるので、面白い企画や熱い想いをぶつければ、当選確率も上がるかも…?

 

また、ロケはありませんが、番組中で流れる「へんてこダンス」の動画も募集中。

実際の番組では、兄弟姉妹で踊っている動画がよく採用されているようですが、友達や親子一緒でのダンスもOKとのこと。

スマートフォン撮影の動画も応募できるので、気軽に応募できそうですね。

にほんごであそぼ

「にほんごであそぼ」では、「ちょちょいのちょい暗記」コーナーの動画を募集しています。

スタジオ収録や撮影ではありませんが、テレビに出るチャンス。

暗記する言葉は1~10級まであり、採用されると認定証が貰えます。

ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン

「ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン」は、Eテレの中でも、一般応募のコーナーが多い番組。

スタジオ収録や撮影はありませんが、「デリプラネットPiPiPi」「サンバdeスリービンゴーズ」「きょうからきみもクックルン♪」「ハングリー!」など多数のコーナーで動画を募集しています。

3歳の子供がいるお母さんへ。七田式を知っていますか?

「天才は作れる!」

もしそれが本当なら、どうしますか?

子供の脳は6歳までに80%が出来上がり、それまでの教育が子供の能力を決めると言われています。

七田式は、国連政界平和賞を受賞した七田博士が考案した、右脳の力を引き出す教育法。

国際的にも評価の高い幼児教育である七田式を、家庭でも簡単に行えるようにした家庭学習教材が「はっぴぃタイム」です。

「2歳で週刊誌を読んだ」「1回聞いただけの歌や単語を覚えてしまう」など、驚きの成果を、ぜひ公式HP内の体験談コーナーで確認してみてください。

はっぴぃタイム