婚約指輪って、いつからいつまで付けるもの?婚約指輪をはめる時期

婚約指輪はいつまではめてOK?結婚したら付けてはダメ?

男性が女性の手に指輪をはめている写真婚約の証である婚約指輪。

眺めているだけでも嬉しいものですが、せっかくの指輪なので、いつでも身に付けておきたいもの。

でも、婚約指輪って普段身に付けていてもいいもの?
いつからいつまでなら、はめてもいいの?

普通の指輪とは違うだけに、こんな疑問が出てきます。

婚約指輪をはめる期間や時期について、まとめました。

スポンサーリンク

婚約指輪は、婚約成立から結婚の日まで付けるのが基本

婚約指輪を身に付ける一般的な時期は、婚約が成立してから実際に結婚するまでの間。

最も一般的なのは、婚約指輪を受け取った日から結婚式までは婚約指輪を付け、結婚式後は結婚指輪に切り替える形でしょう。

ただ、結婚するといっても、結婚式の日、入籍した日など解釈はさまざま。結婚式をしないカップルも増えていますし、具体的にいつまでと決められているわけではありません。

おおまかには、結婚指輪を受け取る日まで、と捉えておいて問題ないでしょう。

スポンサーリンク

婚約指輪は、結婚してからだって使ってOK!

花嫁花婿の人形の写真。腕を組んだ新郎新婦が立っている「婚約指輪って、結婚したらもう使えないの?だとしたら、高いのにもったいない…」

なんて思ったことのある女性も、きっといるのではないでしょうか。でもご安心を、婚約指輪は結婚してからも身に付けて問題ありません。

シンプルなデザインの結婚指輪に比べて、婚約指輪は存在感があることが多いので、特別な日のお出かけに婚約指輪を使う女性が多いようです。

婚約指輪はずっとタンスの奥にしまいっぱなし…なんて人もいますが、結婚記念日などに取り出してみれば、結婚した頃の気持ちが蘇るかもしれません。

あらかじめ重ねづけが映えるようにデザインされた婚約指輪と結婚指輪のセットもあるので、2人で一緒に婚約指輪を選ぶ場合は、こうしたセットリングを選ぶのも手。

婚約指輪と夫婦2人の結婚指輪の3本がセットになっているので、デザイン的に重ね付けしやすく、価格も抑えられて一石二鳥。

気分や服装によって指輪を変えたり、重ね付けしたりと、婚約指輪も普段使いで楽しめますよ。

日本製の高品質オーダーメイドリングが5万円~注文できる!

「自分好みの指輪が見つからない…」

「デザインが気に入ったものは予算オーバー」

そんな人にぜひチェックしてほしいのが、婚約指輪・結婚指輪のオーダーメイド通販「ブリリアンスプラス」。

日本製の高品質なオーダーメイドリングが5万円~という手頃な価格から注文できます。

ベースとなるリングデザイン、素材、ダイヤモンドの種類を自由に選ぶことができ、その組み合わせは無限大。

今まで見たリングにピンと来なかった人も、きっと満足できるデザインに出会えるはず。

結婚指輪・マリッジリングのデザインを見たい人はこちら≫

婚約指輪・エンゲージリングのデザインを見たい人はこちら≫