イースターに食べよう!ドライフルーツたっぷりのイースター料理「ホットクロスバンズ」の作り方

イギリスのイースターメニュー、ホットクロスバンズでイースターをお祝いしよう!

イースターのホットクロスバンズの写真カラフルなイースターエッグで彩られるイースター。イエス・キリストの復活を祝う復活祭で、キリスト教ではクリスマスを超える最大のお祭です。

イースターエッグの他にも、イースターを代表する食べ物はたくさんあり、欧米各国ではイースター期間になると、イースター専用のご馳走を作ってイースターをお祝いします。

日本でいうところのおせち料理のようなイメージかもしれませんね。

日本ではまだなじみの薄いイースターですが、今年はイースター料理を作って、イースター気分を楽しんでみませんか?もしかしたら何か良いことがあるかも!?

イギリスの代表的なイースター料理である、「ホットクロスバンズ」の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

イギリスのイースター料理、ホットクロスバンズの作り方

ホットクロスバンズは、「クロス」の名前のとおり、十字架を模した模様を付けたパン。イギリスのイースターには欠かせない、イースターの伝統料理です。

ドライフルーツとスパイスがたっぷり練りこまれており、甘さとスパイシーさの絶妙なバランスがたまりません。食べた人に幸運をもたらし、魔除けの力を持つというホットクロスバンズ作りに、レッツチャレンジ!

ホットクロスバンズのレシピページのスクリーンショット画像

ホットクロスバンズは、ドライフルーツとスパイスを使うのが特徴。

こちらのレシピではミックススパイスとシナモンを使っていますが、ナツメグ、オールスパイス、ジンジャーパウダー、クローブなどに変えてもかまいません。

ドライフルーツもレーズン単品ではなく、ミックスドライフルーツやオレンジピールを使っても、風味豊かなホットクロスバンズになりますよ。

本場イギリスでも、家庭によって様々なレシピがあるので、あまりレシピにこだわらず、お好みのドライフルーツとスパイスを使えば大丈夫!

絶対に欠かせないのは、ホットクロスバンズの名前の由来でもある十字架模様。クロスをはっきり出したい場合は、パン生地を焼いている途中でクロス部分を書き直すと、ぷっくり美しいクロスになります。

ホットクロスバンズレシピの詳細ページヘ≫

スポンサーリンク

もっと簡単にイースター気分を味わいたい人用、手抜きホットクロスバンズ!

パン作りは時間がかかるし、もっと気軽にイースター気分を味わいたい…という人は、市販のパンを使った「手抜きホットクロスバンズ」を。

作り方は、とっても簡単。市販のレーズンパンか丸いパンに、細く切ったスライスチーズか冷凍パイ生地でクロス模様を付け、トースターで軽く焦げ目が付くまで焼くだけです。

本場の味には及びませんが、イースター気分は十分に味わえますよ。イースターの象徴である卵と一緒に、ホットクロスバンズの朝食やランチを楽しんでみてくださいね。