簡単&失敗知らず!濁らないかき玉汁の作り方、決定版

濁らずきれいなかき玉汁、上手に作る方法は?

白いお椀に入ったかき玉汁の写真ふんわり卵が見た目にもきれいな、かきたま汁。

スープと卵だけのシンプルな料理ですが、いざ作ってみると、これが意外と難しい…。

スープにとろみをつけて、卵を細く流し入れ、しばらく待ってから優しくかき混ぜる。

その手順は守っているのに、いつもかき玉汁が濁ってしまう!とお悩みの人は少なくないはず。

いったいどうすれば、濁らずふんわりきれいなかき玉汁が作れるのでしょうか?

実は、卵にあるちょっとした工夫をするだけで、誰でも簡単なかき玉汁を作れる方法があるんです。

お料理初心者でも失敗せずに、上手にかき玉汁を作るコツを紹介します。

スポンサーリンク

どんな不器用さんでも失敗しない、かき玉汁。秘密は片栗粉の使い方にあり!

白い皿に割られた生卵の写真濁らないかき玉汁を作るコツは、とっても簡単。

卵1個に対し、小さじ1程度の片栗粉と同量の水を加えてよく混ぜる。たった、これだけです。

スープに流し入れる時も、細くすることを意識する必要はなし。お箸や玉杓子を使わず普通に回し入れるだけで、ふわっとしたかき玉汁が出来上がります。

卵を入れた後にお箸やお玉でかき混ぜると、より細かいかき玉になるので、お好みで調整してくださいね。

片栗粉を入れることで、卵が瞬時に固まるので、たくさんかき混ぜてもスープが濁ってしまうことはありません。

かき玉汁の一般的な作り方としてよく言われる、スープにとろみをつける、スープが煮立ったところに卵をいれてしばらく待つ…などのコツも不要です。

この方法なら、どんなお料理初心者や不器用さんでも失敗知らず。

無造作に卵を流し入れるだけでも、拍子抜けするほどきれいなかき玉汁に仕上がります。

今まで、何度やっても、かき玉汁が濁ってしまった、なかなか満足のいく出来にならなかったという人は、ぜひ試してみてくださいね。