柏餅をモチモチのまま冷凍&解凍する方法

柏餅は冷凍できる!

柏餅の写真子供の日に余った柏餅。

つい冷蔵庫にしまいたくなりますが、柏餅は冷蔵状態だと味が落ちます。

モチモチ食感をキープしたまま、かつ長期保存ができるのは冷凍保存のほう。

柏餅の上手な冷凍方法を紹介しますので、お餅が食べきれない時はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

柏餅の上手な冷凍方法

柏餅の冷凍方法は次のとおり。

  1. 葉っぱを剥がす
  2. 1つずつピッチリとラップで包む
  3. 金属バットに乗せて冷凍する
  4. 完全に凍ったらジップロックに移して保存する

葉っぱは先に剥がしておかないと、解凍した時にくっついて食べにくいことになります^^;

もし葉っぱをセットで保存したい場合は、葉っぱだけ別にラップしてから、お餅と一緒にジップロックに入れて冷凍しておきましょう。

 

金属バットに乗せて冷凍するのは、急速冷凍させるため。こうすることで、柏餅の風味を落とさずに冷凍することができます。

面倒な場合は最初からジップロックに入れてしまってもいいですが、余裕があればお試しくださいね。

なお、市販の柏餅はもちろん、手作りの柏餅も冷凍OKです!

スポンサーリンク

冷凍した柏餅の解凍方法

冷凍した柏餅は、自然解凍もしくは電子レンジで解凍します。

失敗がないのは自然解凍。

食べる前日に冷蔵庫に移して解凍するか、あるいは常温で2~3時間ほど置いておくと柔らかくなります。

電子レンジの場合は500Wで3分、600Wで2分を目安にチン。

個数や大きさにもよるので、最初は時間を短めにして、様子を見ながらチンすることをおすすめします。

ちなみに、チンしすぎるとデロデロに溶けます…。

もしそうなってしまった場合は、フォンダンショコラの柏餅バージョンだと思って食べてください。

冷凍した柏餅の保存期間

冷凍柏餅を美味しく食べられる目安は1~2週間。

冷凍したからといっていつまでも無限に保存できるわけではなく、冷凍していても食品の劣化は進みます。出し入れの多い家庭用冷蔵庫なら、なおのこと。

冷凍した柏餅は味や品質が落ちないよう、できるだけ2週間以内に食べ切るようにしましょう。

柏餅を美味しく冷凍&解凍する方法まとめ

  • 柏餅は葉っぱを剥がしてラップで1つずつ包む
  • 金属トレイに乗せて冷凍後、ジップロックで保存
  • 解凍は自然解凍か電子レンジ解凍
  • 電子レンジは500Wで3分、600Wで2分を目安に

洋菓子は冷蔵保存が基本ですが、柏餅に限らず和菓子は常温保存が基本。

お店でも、ケーキは冷蔵ケースに並んでいますが、和菓子は常温で売られていますよね。あれも和菓子の美味しさを保つため。

 

お餅やお団子に含まれるデンプンは時間とともに硬化し、冷蔵するとさらにそのスピードが早くなります。

冷凍してしまえば、デンプンの硬化をストップでき、風味が落ちるのを防げるというわけ。

 

食べ切れない和菓子はつい冷蔵庫に入れたくなりますが、風味や食感を保つのにベストなのは冷凍保存。

柏餅の他にも、どら焼き、ようかん、お饅頭、お団子、大福、練り切りなど、和菓子全般が冷凍可能です。

常温だとすぐ硬くなってしまうので、もし和菓子が残った時は、冷凍保存を試してみてくださいね。

参考)
基本の冷凍保存(学研プラス)
はじめての手づくり和菓子(学研プラス)
冷凍保存節約レシピ(日本文芸社)