安い牛肉をビックリするほど柔らかくする裏技。秘密は…舞茸!

舞茸パワーで安売りのお肉が高級ステーキに変身しちゃう!?舞茸でお肉を柔らかくする裏技レシピ

鉄板に乗ったステーキの写真高級ステーキの醍醐味は、とろけるような柔らかさ。

普段スーパーで売っている安い牛肉やステーキ肉で、あの柔らかさを出すのは難しそうですが…

実は、どこでも買える食材で、安価なお肉もしっとり柔らかく仕上げる裏技があるんです。

その食材とは、舞茸。

お肉を柔らかくする方法は、玉ねぎのすりおろしやパイナップルを使うやり方が有名ですが、実は舞茸にもお肉を柔らかくするパワーが隠されています。

舞茸を使って、安い牛肉を簡単に柔らかく、美味しくする方法を紹介します。

スポンサーリンク

舞茸で安いステーキ肉を柔らかくする方法
しっかり柔らかくするバージョン

  • 牛ステーキ肉 … 食べたいだけ
  • 舞茸 … ステーキ肉2枚で1パック程度

(1)舞茸をみじん切りにする。

(2)みじん切りにした舞茸をボウルに入れ、ヒタヒタになるくらいの水を入れて1時間ほど置く。

(3)舞茸をザルなどで濾して取り出し、漬け置きした水に牛肉を浸して冷蔵庫で1時間以上浸け置きする。取り出した舞茸は、ソースや付け合せとして利用する。

(4)牛肉を漬け汁から取り出して水気を拭き取り、通常どおりに焼けば出来上がり!

舞茸汁に2~3時間ほど牛肉を漬けておくと、安い特売ステーキ肉や輸入肉でも、驚くほどの柔らかさに変身します。急いでいる時は、30分程度置くだけでも効果がありますよ。

硬いお肉が柔らかくなる秘密は、舞茸に含まれているタンパク質分解酵素。

舞茸の酵素はとても強力で、硬い牛肉の細胞も分解して、柔らかい食感に仕上げてくれるのです。

しかも、キノコ類の持つ旨味成分も一緒にお肉に浸透するので一石二鳥。舞茸汁に牛肉を漬けることで、柔らかさと旨味を一気にグレードアップしてくれます。

それなら、ステーキと舞茸を一緒に焼いちゃえば?とも思うかもしれませんが、舞茸の酵素は熱に非常に弱いので、お肉を焼く前に冷蔵庫で漬けて置くことが大切です。

でも、漬け汁を作って何時間も漬けるなんてちょっと面倒だなあ…

と思ってしまった人のために、より簡単にできるバージョンも紹介します。

スポンサーリンク

舞茸で安いステーキ肉を柔らかくする方法
簡易バージョン

(1)牛肉の上に、適当な大きさに切った舞茸をまんべんなく敷き詰めるように載せる。

(2)ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど休ませる。

(3)舞茸を取り出して牛肉を焼く。残った舞茸も付け合せとして調理する。

こちらは、舞茸を切って乗せておくだけの簡易バージョン。

漬け汁ほどではありませんが、これでも普通に焼くのに比べれば、十分にお肉の柔らかさを実感できます。

スーパーで特売肉を買う時は、ぜひ舞茸もセットで買って試してみてくださいね。