アメリカンコーヒーって普通のコーヒーと何が違うの?

アメリカンコーヒーは薄いコーヒー?正しい定義は…

コーヒーの入ったマグカップが2つ並んでいる写真ファミレスや喫茶店でよく見かけるアメリカンコーヒー。

アメリカンコーヒー=薄いコーヒー、というイメージを持っている人も多いと思いますが、どうしてアメリカンは薄いのか?味は普通のコーヒーと何か違うのか?

よくよく考えると、アメリカンコーヒーってどんなコーヒーなのかは曖昧です。

アメリカンコーヒーとは何のことなのかハッキリすべく、詳細をまとめました!

スポンサーリンク

アメリカンコーヒーの正しい定義

アメリカンコーヒーはお湯で薄めたコーヒーだと思われていることもありますが、それは間違い。正しくは、アメリカンコーヒーとは焙煎が浅いコーヒー豆で淹れたコーヒーのこと。

コーヒー豆は焙煎が浅いほど苦味が弱く、酸味が強くなるので、アメリカンコーヒーは酸味が強く、苦味がなくて飲みやすいのが特徴です。

コーヒー豆は深煎りするほど色が濃くなるので、浅煎りのアメリカンコーヒーは色が薄め。

そのため、アメリカンコーヒーは色も味も薄いのです。決して、お湯を混ぜているわけではなく、コーヒー豆の焙煎の違いだったんですね。

アメリカンコーヒーは飲みやすいので、大きなカップにたっぷりと注いで、ブラックでゴクゴク飲むのが一般的です。

スポンサーリンク

「アメリカンコーヒー」は和製英語、アメリカでは通じない!

コーヒーを飲んでいる外国人男性の写真。椅子に腰掛けた短髪の外国人男性が白いマグカップを手にしている実はこのアメリカンコーヒーという言葉、アメリカでは通じません。アメリカンコーヒーは日本だけで使われている、いわゆる和製英語のひとつです。

戦後、アメリカ人のコーヒーの飲み方を見た日本人がその飲み方を真似したことから、アメリカンコーヒーという名称になりました。

アメリカで薄いコーヒーを飲みたい時には、weak coffee (ウィークコーヒー)と言わなければ、伝わりません。

アメリカンコーヒーが薄いのには歴史的な背景があった!

コーヒーと紅茶の写真。ブラックコーヒーの入った白いカップ%ソーサーと、紅茶の入ったガラスのカップが並んで置かれているでは、どうしてアメリカのコーヒーは薄かったのか?それには歴史歴な背景があります。

アメリカは、もともとイギリスからの移民が作った国であることはご存知ですね。18世紀後半、まだイギリスの植民地であったアメリカは、イギリス本国からの重税に苦しんでいました。

そして1773年、とうとうその不満が爆発!ボストンの商品たちが「ボストン港をティーポットにしてやる!」と叫びながら、イギリスからの輸入品である342個もの紅茶箱を海に投げ捨てるという事件が起きます。

この事件以来、アメリカでは今まで主流だった紅茶の代わりに、紅茶に似せた薄く淹れたコーヒーを飲むようになりました。イギリスは紅茶、アメリカはコーヒーという文化は、この事件がきっかけになっていたんですね。

アメリカで浅煎りの薄いコーヒーが好まれたのは、他にも2つの理由があります。

1つは、アメリカの水質と深煎りコーヒーの相性がよくなかったこと。アメリカの水はアルカリ性が強く、これでコーヒーを淹れて飲むと、胃腸へ大きな負担がありました。

2つ目は、コーヒー豆が当時まだ高価だったこと。少量の豆でたっぷりコーヒーを飲むなら、浅煎りのほうが適していたのです。

19 世紀になると南米でコーヒー栽培が盛んに行われるようになり…

アメリカにおいて、コーヒーはすっかり紅茶に取って代わることとなったのです。