納豆の賞味期限ってあるの?驚きの答えは…

納豆って腐ってるよね?賞味期限ってあるの?

納豆の写真日本食の代表のひとつ、納豆。白いご飯と納豆の組み合わせをいただくひとときは、日本人に生まれてよかったと思う瞬間です。

納豆といえば、豆を腐らせて作るもの。ということは、納豆に賞味期限ってあるの?と思ったことはありませんか?

納豆の賞味期限は1週間くらいと意外と短いですが、最初から腐っているなら関係ないんじゃ?と疑問を持ったことのある人も多いはず。

納豆の賞味期限に関する、驚きの事実を紹介します!

スポンサーリンク

納豆の賞味期限は「食べごろ」を示している

納豆の写真。白いパッケージに入った納豆発酵と腐敗は現象的には同じで、微生物により食品が分解されること。おおまかには、人体に有益なものを発酵、有害なものを腐敗と呼んで区別しています。

ご存知のとおり、納豆は、納豆菌で大豆を発酵させて作ります。納豆菌はとても生命力が強く、出荷され、お店に並ぶ段階でも生きているのですが、冷蔵状態にすることで発酵活動をストップさせています。

ですが、実際には完全に発酵が止まるわけではなく、納豆菌が生きている間は、どんどん発酵が進んでいきます。

賞味期限が過ぎた納豆を食べても、特別体に害はないのですが、発酵が進み過ぎると味や食感が変わってきます。ですから、納豆を1番美味しく食べられる状態を賞味期限として表示しているのです。

また、納豆の賞味期限は、冷蔵状態で保存していることが大前提。常温で放置すると発酵スピードが上がるので、あっという間に食べごろを過ぎてしまいます。

スポンサーリンク

白い粒々が出た状態の納豆は、食べても問題ない

納豆の賞味期限が過ぎてしばらくすると、納豆の表面に白い粒々が出てきます。カビだと思って捨ててしまったことのある人もいるかもしれませんね。

でも、この白い粒は食べても大丈夫。白い粒の正体はカビではなく、チロシンというアミノ酸の結晶。味の素と同じですから、体に害はありません。

ただし、食べるとザラザラしますし、チロシンが出てしまった分、納豆の風味も落ちているので、この状態だと納豆としての味は落ちます。納豆菌による発酵も進んでいるので、アンモニア臭が強くなってきます。

納豆菌が死んだ時が、納豆の真の賞味期限

納豆菌といえども生物なので、いずれは死んで活動を停止してしまいます。納豆菌が死ぬと、今まで納豆菌の働きによって抑えられていた雑菌が繁殖し、今度は発酵ではなく腐敗してしまいます。つまり、納豆だって長期間放置すれば腐るということ。

糸をまったく引かず、水っぽくなっている場合は、その納豆は腐っています。そのまま放置するとカビも生えます。さすがに腐った納豆を食べるのは、リスクが大きいのでやめましょう。

腐るまでの期間は納豆の保存状態によるのですが、賞味期限が切れてから1ヶ月程度なら、基本的には食べても問題ありません。

あえて賞味期限から2週間ほど放置して、香りや食感が変わったところで食べるという納豆通も、実は意外に多かったりします。