のりたま原材料の「こしあん」って何…!?丸美屋が回答した理由はコチラ!

のりたまに入っている意外な成分「こしあん」って、本当にあのこしあん…?

ふりかけのりたまのパッケージ写真ほんのり甘い味が子供から大人まで大人気のふりかけ「のりたま」。

日本人なら食べたことのない人はいないのでは?というくらいのロングセラーかつ定番ですよね。

そんなのりたま、実は原材料に何とも意外な成分が記載されています。

その成分とは「こしあん」。

確かにのりたまは甘いけれど、このこしあんは本当にあのこしあん…?

なんだか気になってしまいますよね。

のりたまにこしあんが入っている理由について、丸美屋の公式回答を紹介します。

スポンサーリンク

のりたまの「こしあん」は甘くない!

のりたまの原材料表示部分の写真のりたまに入っていいる「こしあん」ですが、問い合わせが多いのでしょうか、販売元の丸美屋さんの公式HPにちゃんとFAQが載っています。

以下がのりたまにこしあんが入っている理由に関する、丸美屋さんの公式回答。

  • ふりかけの中には「こしあん」を使用した商品があります。この「こしあん」は和菓子などによく使われている「餡子(あんこ)」ではなく、豆を粉末状にしたもので甘さなどはありません。

この回答によると、のりたまのこしあんは、私たちがイメージする甘いあんことは違うものなのだとか。

丸美屋さんは、数年前のテレビの取材でも「甘味料としてではなく、風味付けとして入れている」と回答しています。

詳しくは企業秘密だそうですが、このこしあんが甘さを出すための成分ではないことは間違いありません。

フリーズドライしたあんこの粉末で、のりたまのあの甘さを出しているのかと思いきや、そういうことではないんですね。

和菓子や中華料理に使われる食材に、生のこしあんを加熱乾燥して粉末状にした晒し餡(さらしあん)というものがありますが、それに近いものなのかもしれません。

のりたまに使われているこしあんが小豆で作られているかは不明ですが、こしあん=隠し味の豆パウダー、と思えば、ほぼ間違いはないのではないでしょうか。

慣れ親しんだのりたまの味には、実はいろんな企業秘密が隠されているんですね。

今度のりたまやふりかけを食べる時は、ついつい成分表示を確認したくなってしまいそうです。