妊娠中でもチーズが食べたい!食べてもOKなチーズはどれ?

妊娠中に食べてもいいチーズ、食べないほうがいいチーズの見分け方

数種類のチーズがお皿に盛り合わせされた写真妊娠中に避けたほうがよいとされる食べ物のひとつに、ナチュラルチーズがあります。

理由は、リステリア菌による食中毒のリスクがあるため。

衛生環境の整った日本では、食品からのリステリア菌感染は非常にまれなので、あまり神経質になりすぎる必要はありません。

でも、妊娠中は些細なことでも心配になってしまいますよね。

チーズを食べることに不安を覚えている妊婦さんに、妊娠中に食べてもいいチーズ、食べないほうがいいチーズの違いを紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中のチーズは、プロセスチーズとナチュラルチーズの違いに注目!

○×の札を手に持った女性の写真普段私たちが食べているチーズには、プロセスチーズナチュラルチーズがあります。

大きな違いは、加熱処理がされているか。

ナチュラルチーズは原料乳を発酵・熟成させたもので、加熱はされていないため、菌類が生きています。

一方のプロセスチーズは、ナチュラルチーズを加熱して溶かしてから固めたもの。加熱処理の段階で、菌類は死滅します。

と、いうことは…リステリア菌の感染が心配されるのは、ナチュラルチーズのほうだということになりますね。

まとめると、

  • プロセスチーズ … 妊娠中でも食べてOK!
  • ナチュラルチーズ … 絶対にNGではないけれど、妊娠中は食べないほうが安全

と、なります。

妊娠中にチーズを買う時は、パッケージの表記を見て、それがプロセスかナチュラルかを確認するようにするといいでしょう。

ただし、リステリア菌は熱に弱い菌なので、ナチュラルチーズであっても、加熱して食べれば問題はありません。

仮に生のナチュラルチーズを食べてしまったとしても、感染率は非常に低いですから、次は気をつけよう、と気持ちを切り替えるようにしてくださいね。心配しすぎてストレスになるほうが、よっぽど身体や赤ちゃんには悪影響です。

では、実際にチーズを使った食品で、どんなものなら妊娠中に食べても大丈夫なのか、具体例をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

妊娠中でも安心して食べられるチーズはこれ!

まとめると、妊娠中でも、プロセスチーズと加熱調理済みのナチュラルチーズは食べても大丈夫ということ。

具体的には、こんなチーズがプロセスチーズです。これらのチーズは、妊娠中であっても加熱せずにそのまま食べてOKです。

  • スライスチーズ(とろけるタイプ、とろけないタイプどちらも)
  • 6Pチーズ
  • キャンディチーズ、ベビーチーズ

ナチュラルチーズは、主に輸入品コーナーに売っている、カマンベールやモッツァレラなどのチーズ。ワインやお酒のおつまみになるタイプのチーズですね。

家庭での出番が多い、ピザ用チーズ・シュレッドチーズもナチュラルチーズです。

これらは、妊娠中は生のまま食べることは避けたほうが安心。でも、加熱すればリステリア菌は死滅するので、例えばこんなメニューであれば、妊婦さんが食べてもOKです。

  • ピザ
  • ベイクドチーズケーキ
  • グラタン、ドリア
  • チーズフォンデュ
  • チーズかまぼこ
  • チーズトースト

日本製のナチュラルチーズは加熱処理済み

日本のチーズはナチュラルチーズであっても加熱処理が義務付けられているので、基本的にはリステリア菌の心配はありません。

今日はどうしてもカマンベールチーズが食べたい!という時などは、輸入物ではなく国内産のチーズを選んで食べるようにしましょう。

プロセス?ナチュラル?紛らわしいチーズや食べ物はこれ

はてなマークと手を顔にあてて疑問がある様子の女性の写真クリームチーズと粉チーズは少々紛らわしく、プロセスとナチュラルの両方があるので、パッケージを見てどちらのタイプか確認を。

どちらにしろ焼いたり加熱してしまえば問題はないので、例えばオーブンで焼いてしまうケーキや焼き菓子などは安心して食べられます。

ただし、レアチーズケーキやティラミスはナチュラルチーズを加熱せずに使っている可能性があるので、食べてから心配になってしまうくらいなら、妊娠中は避けたほうが無難かもしれません。

また、おつまみとして人気のチーズ鱈は、商品によって使われているチーズの種類が違います。これもパッケージを見て確認しておけば、より安心です。

どこまで気にするかは人それぞれですが、一度気になってしまうと、それがずっと心配の種になってしまうんですよね。

妊娠中のチーズについては、プロセスかナチュラルか、ナチュラルなら加熱してあるか、という2つのルールだけ覚えてしまえば大丈夫。

せっかく食べるなら美味しく食べて、できるだけストレスのないマタニティライフを送ってくださいね。

妊娠線のケア始めてる?一度できたら一生消えません!

妊娠線は、一度できたら一生消えないと知っていましたか?

私たちがスキンケアしているのは肌の表皮で、ご存知の通り28日でターンオーバーしています。

でも、妊娠線ができるのは表皮のさらに奥にある真皮という部分で、困ったことにほとんどターンオーバーが起こりません。

細胞の入れ替わりが起こらないので、真皮に達した妊娠線は、一度できるとレーザーでも消すのが難しいのです。

 

だから妊娠線は、できる前の予防ケアがとても大切!

専用商品は5000~6000円と高額なものが多く購入を迷ってしまいますが、もう少し手頃な価格で優秀な妊娠線クリームもあります。

 

「AFCマタニティクリーム」は、続けやすい低価格と国産品質、確かな効果で175万個以上売れている、妊娠線ケアの専用クリーム。

たっぷり120gで2800円のお手頃価格に加え、妊娠線クリームにありがちな定期購入ではなく、1本から送料無料でお試しOKという買いやすさも人気の理由。

妊娠線のケアが必要になる、妊娠5ヶ月を超えた妊婦さんに、ぜひおすすめします。

爽やかなネロリの香りとよく伸びるテクスチャーで、とても使いやすいですよ^^

そろそろ何かしなきゃ…と思っている妊婦さんは、公式HPで詳しい成分やレビュー評価を確認してみてくださいね。

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム
1本から送料無料!無添加&国産の妊娠線専用クリーム≫