妊娠中に刺身を食べてはいけない2つの理由。絶対に刺身NGなわけではないけれど…

妊娠中のお刺身、絶対に食べてはいけない?少しならOK?

お皿に赤身の刺身が盛りつけられている写真妊娠中にあまり食べないほうがいいとされている食べ物のひとつに、お刺身や生魚があります。

お寿司大好きな人にとっては、妊娠中ずっとお刺身を我慢するのは辛いですよね。

妊婦がお刺身を食べてはいけないのはどうして?
ちょっとくらいなら食べてもいいんじゃないの…?
知らずにお寿司を食べちゃったけど、どうしよう!?

お腹の赤ちゃん最優先とわかっていても、いろんな疑問がわいてくるはず。

妊娠中の食べ物に悩んでいる妊婦さん向けに、妊娠中に刺身を食べてはいけない理由や、もし食べるとしたら、どの程度なら許容範囲なのかをまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中はお刺身を食べないほうがいいとされる、2つの理由

妊娠中にお刺身を食べないほうがいいと言われる理由は2つ。

  • リステリア菌による食中毒リスク
  • 一部の魚に含まれている水銀のリスク

以下に、リステリア菌と水銀のリスクについて、もっと詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

妊婦のリステリア菌感染リスクについて

リステリア菌とは、魚介類に限らず生の食品全般に付いている菌で、食中毒の原因になります。

妊婦がリステリア菌に感染すると、高確率で母体から胎児にもリステリア菌が感染。時には流産や死産に至るリスクがあります。

妊娠中は体の免疫力が低下するので、妊婦は通常よりも細菌に感染しやすい状態。そのため、リステリア菌の感染リスクがあるお刺身などの生の食品はできれば控えたほうがいいとされているのです。

ただし、衛生環境が整った日本では、今までにリステリア菌の感染による食中毒の報告はありません。報告義務がないため実態がつかめていないということもありますが、食品安全委員会の評価書では、国内のリステリア菌感染者は年間200名程度と推測しています。

日本国内において、新鮮で清潔に管理されたものを食べている限りは、リステリア菌感染を過剰に心配する必要はないでしょう。

でも、感染リスクがゼロではない以上、妊婦として知らないよりは知っていたほうがいい、ということですね。

妊娠中の水銀リスクと、食べないほうがいい魚について

thum_250もうひとつは、魚に含まれている水銀リスク。一部の魚には、食物連鎖によって水銀が濃縮されて含まれており、妊娠中の過剰摂取は好ましくないとされています。

自分より小さな魚を食べる大型の魚ほど、エサになった魚の水銀を取り込んで水銀含有量が高くなるため、例えばマグロ類などは、水銀を多く含む魚のひとつです。

妊娠中は食べる量を制限したほうがいいとされる魚で、お寿司やお刺身でもよく使われるものには、こうした魚があります。

  • ミナミマグロ(インドマグロ)
  • クロマグロ(本マグロ)
  • メバチ(メバチマグロ)
  • マカジキ
  • メカジキ

水銀は加熱調理しても失われないため、こうした水銀含有量の多い魚を食べる時は、お刺身に限らず注意が必要。

ただし、これらの魚を絶対に食べてはいけないというわけではなく、あくまでも食べ過ぎは良くないという話です。

妊娠中に気をつけたほうがいい魚の種類や、1週間に食べても大丈夫な目安量については、厚生労働省のHPなどで公開されています。

産婦人科でも指導があるはずなので、お寿司やお刺身が大好きという妊婦さんは、特に気をつけてチェックしておくようにしましょう。

厚生労働省「これからママになるあなたへ お魚について知っておいてほしいこと」PDFファイルへのリンク

妊娠中のお刺身は、節度を守って食べること

妊娠中にお刺身を食べることによるリスクは、飲酒や喫煙の影響に比べればはるかに低いため、産婦人科でもそれほど厳密に指導はされません。

それだけに、かえって食べてもいいのかダメなのか、悩んでしまうという側面もあるのですけれどね。

過剰な摂取が良くないことは、どんな食品にも共通ですし、我慢のし過ぎによるストレスのほうが、かえって母体には悪影響だという見方もあります。

どの程度まで気を付けるかどうかは、個人の感覚や価値観によるところが大きく、妊娠中であっても週に1回は必ずお刺身を食べていたという妊婦さんもたくさんいます。

逆に、少しでもリスクのあるものを食べたと知って、それが大きなストレスになってしまうようなら、精神衛生上、食べるのは控えたほうが良いでしょう。

心配だけれど、でもやっぱりお刺身は食べたい!という時は、1人で悩むより、主治医や助産師さんに相談してみるのも手。

ただでさえ制約が多い妊娠生活。何でもかんでも我慢しなければとストレスを溜めず、心と体に心地よいバランスを見つけるようにしてくださいね。

妊娠線のケア始めてる?一度できたら一生消えません!

妊娠線は、一度できたら一生消えないと知っていましたか?

私たちがスキンケアしているのは肌の表皮で、ご存知の通り28日でターンオーバーしています。

でも、妊娠線ができるのは表皮のさらに奥にある真皮という部分で、困ったことにほとんどターンオーバーが起こりません。

細胞の入れ替わりが起こらないので、真皮に達した妊娠線は、一度できるとレーザーでも消すのが難しいのです。

 

だから妊娠線は、できる前の予防ケアがとても大切!

専用商品は5000~6000円と高額なものが多く購入を迷ってしまいますが、もう少し手頃な価格で優秀な妊娠線クリームもあります。

 

「AFCマタニティクリーム」は、続けやすい低価格と国産品質、確かな効果で175万個以上売れている、妊娠線ケアの専用クリーム。

たっぷり120gで2800円のお手頃価格に加え、妊娠線クリームにありがちな定期購入ではなく、1本から送料無料でお試しOKという買いやすさも人気の理由。

妊娠線のケアが必要になる、妊娠5ヶ月を超えた妊婦さんに、ぜひおすすめします。

爽やかなネロリの香りとよく伸びるテクスチャーで、とても使いやすいですよ^^

そろそろ何かしなきゃ…と思っている妊婦さんは、公式HPで詳しい成分やレビュー評価を確認してみてくださいね。

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム
1本から送料無料!無添加&国産の妊娠線専用クリーム≫