妊娠中の生卵は食べてもOK?ナマモノはいけないと聞いたけど…

卵かけご飯にすき焼き、妊婦に生卵はNGって本当?

白い皿に割られた生卵の写真妊娠中に、生卵を食べてはいけないと聞いて、疑問に思ったり、不安を感じたりはしていませんか?

妊娠中は、ほんの些細なことでも心配なことになってしまうのに、食生活については人によって言うことが違ったりしていて、ますます混乱してしまいますよね。

妊娠中に生卵がNGと言われる理由は何か?
絶対に食べてはいけないのか?
もし食べてしまった場合、赤ちゃんへの影響は…?

妊娠中に生卵を食べてもいいのかどうかとその理由を、わかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中に生卵がダメと言われる理由は、サルモネラ菌の食中毒対策

たくさんの卵が置かれている写真妊娠中に生卵を食べないほうがいいと言われる理由は、確率は低いものの、サルモネラ菌による食中毒のリスクがあるため。

妊娠中は体の免疫力が低下して、サルモネラに限らず通常よりも細菌に感染しやすい状態のため、避けられるリスクなら避けましょうということです。

もともと生食の習慣がある日本の卵は清潔に管理・洗浄されており、かつサルモネラ菌は冷蔵温度下では増殖できないので、冷蔵庫で保存した新鮮な卵であれば、そんなに心配する必要はありません。

また、サルモネラ菌は少量では食中毒にはならないので、毎日大量の生卵を食べるならともかく、たまに卵かけご飯やすき焼きを楽しむくらいなら、基本的には問題はないでしょう。

妊娠中だからといって、絶対に生卵がNGなわけではありません。でも、万全を期すなら、もちろん加熱調理してから食べたほうが安全なのは事実です。

妊婦さんにはストレスも大敵なので、生卵を食べること自体がストレスになるくらいなら、最初から避けたほうが精神衛生上はいいかもしれませんね。

産婦人科でも、「妊娠中はナマモノすべてNG」と言う医師と、「食べ過ぎなければ普通の食事を楽しんでOK」という医師の両方がいます。

最終的には個人の考え方や判断によりますから、なぜ生卵がいけないと言われているのかを理解したうえで、自分にとってストレスのないマタニティライフを送れるようにしましょう。

スポンサーリンク

もし妊娠中にサルモネラ菌に感染したら、どうなるの…?

お腹を抑えて苦しんでいる女性の写真もし万が一、生卵にあたってサルモネラ菌食中毒になってしまったら、どうなるのか?

一番心配なのはお腹の赤ちゃんへの影響ですが、サルモネラ菌の食中毒が直接胎児に影響することは、基本的にはありません。

ですが、妊婦本人が激しい腹痛や下痢に苦しむことに…。時期にもよりますが、妊娠中は使える薬も限られます。

サルモネラ菌の食中毒症状はかなり辛いので、生の卵を食べる時は、賞味期限切れや常温保存の卵、割ってから時間の経ったものは食べないようにしましょう。

妊娠中に卵を食べると子供がアレルギーになる、は医学的根拠なし!

妊婦が卵を食べ過ぎると、子供がアレルギーになるという話もありますが、これには医学的な根拠はありません。

アトピーや花粉症を含むアレルギーの発症は、遺伝的な要素によるものが大きいと言われています。妊娠中に卵をたくさん食べたからといって、子供がアレルギーになる確率が上がるということはないので、ご安心を。

ただし、妊婦自身が卵アレルギーを持っている場合、アレルゲンである卵を食べ過ぎるのは胎児にとっても良くないという指摘はあります。そもそもアレルギーを持っているのであれば、わざわざ食べることはないはずですけれどね。

食物繊維とビタミンC以外のほぼすべての栄養素を含む卵は、完全栄養食とも呼ばれる優秀な食材。

加熱して食べれば食中毒の心配もありませんから、避けるよりはむしろ上手に利用して、妊娠中の体調管理に役立ててくださいね。

安くて効果大!おすすめの妊娠線予防クリーム

妊娠線は、一度できたら一生消えません。

だからこそ予防が大切ですが、妊娠線予防の専用クリームは、ほとんどが5000~6000円と高額。

しかも定期購入前提の商品も多く、購入を迷っている人もいるのではないでしょうか。

 

そんな中、私が見つけて使っていたのはAFCマタニティクリーム。

たっぷり120gで2800円というお手頃価格に加え、定期購入ではなく1本から送料無料でお試しできます。

ネロリの爽やかな香りと柔らかいテクスチャーでとても使い心地がよく、このクリームのおかげで妊娠線もまったくできませんでした^^

妊娠線ケアどうしようかな…と心配になってきた妊婦さんは、ぜひ一度公式HPをチェックしてみてください。おすすめです!

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム