お中元をやめるタイミングって?やめ方のマナーや手紙について

お中元をやめるタイミングは?

お中元をやめたい時失礼なくやめるマナーとは?

もうあまりお付き合いもない相手と、形式的に続けているお中元。

これ以上続けても負担になるだけで意味がない…と思ってはいても、いきなりやめるのも失礼ではと、ためらわれますね。

お中元をやめるタイミングには特に明確なマナーはありませんが、一般的に、一度贈ったら3年は続けるのが暗黙のマナーになっています。

では、すでに3年以上お中元を贈っていて、もうやめたいと思った時は、どのようにするのがよいのでしょうか?

お中元のやめ方について、タイミングやマナーを解説します。

スポンサーリンク

お中元をやめる時のマナー

お中元をやめる時は、段階を追って少しずつやめるのがよいとされています。

お中元を贈っている場合、多くは同じ相手にお歳暮も贈っているでしょう。

お中元とお歳暮はどちらも季節の挨拶として贈りますが、重要度はお中元よりもお歳暮のほうが上。

そのため、お中元を贈ったのに、お歳暮は贈らないのでは、マナーとしてあまり良くありません。

具体的には、このような流れでお中元とお歳暮をやめていきます。

  1. 今年のお中元をやめる(贈らない)
  2. 今年のお歳暮は贈る
  3. 次の年からは、お中元もお歳暮も贈らない

まずは重要度が低いお中元をやめ、次の年からはお歳暮もやめるようにして、段階を追ってやめるのがスマートな方法です。

お中元とお歳暮、どちらか片方だけをやめたいという場合は、重要度の低いお中元のほうをやめ、お歳暮を継続するようにします。

スポンサーリンク

お中元をやめる時は手紙を出すべき?

お中元をやめる時、相手に「やめます」と、手紙などでお知らせする必要はありません。

相手との関係にもよりますが、何も言わずにやめるのを不躾に感じてしまう場合は、お中元の代わりに季節の挨拶状を送るようにしましょう。

受け取った相手にも、今年はお中元をやめたのだな、ということが暗に伝わります。

お中元は夏の挨拶なので、出すのは暑中見舞いの手紙。

暑中見舞いの書き方については、こちらの記事を参考にしてください。

暑中見舞いの手紙の書き方は?書き出しと例文で今すぐ書ける!»

 

親しい間柄であれば、「今後は季節のご挨拶は控えようと思っています」などと、直接伝えてしまっても。

退職や引越しを理由として、お互いにお中元はやめませんか、と提案してみる方法もあります。

お中元はお互いにやめるタイミングがわからず、ずるずると負担になっていることも多いもの。

こちらからやめると宣言すれば、お相手も納得してくれることがほとんどでしょう。

お中元をやめるタイミングとマナーのまとめ

  • お中元を贈る期間に明確な決まりはないが、3年以上継続して贈るのが暗黙のマナー
  • お中元は段階的にやめるのがスマートなマナー
  • お中元をお歳暮の両方を贈っている場合、まずお中元を贈るのをやめ、次の年からはお歳暮もやめるようにする
  • お中元とお歳暮ではお歳暮のほうが重要度が高いため、どちらか片方だけ続けたい場合、お歳暮を続ける
  • お中元をやめることに対する相手へのお断りや手紙は特に必要ない
  • 断りなくやめるのが気になる場合は、お中元の代わりに暑中見舞いの手紙を出すとよい

お中元は本来、お世話になっている人へ感謝の気持ちを表すための習慣。

もう疎遠な人と贈り合うのが義務のようになってしまっては、あまり意味もありません。

形式的なやりとりで時間的にも経済的にも負担がかかるなら、見直してみるのもよいのではと思います。

参考書籍)
誰もが頭を悩ます 微妙なマナーがズバリ!わかる本(河出書房新社)
大人のマナー大全(PHP研究所)
困ったときにすぐひけるマナー大事典(西東社)
女のマナー常識555(PHP研究所)
50代からの冠婚葬祭きちんとマナー(主婦の友社)