お中元はいつからいつまで?お中元の正しい時期

お中元を贈る時期、知っていますか?

お中元の贈答品を手に持った浴衣の女性の写真夏休みや夏祭りなど、イベント盛りだくさんの夏ですが、お中元もそのひとつ。

デパートでも特設のお中元ギフトコーナーが設置されるのが恒例です。

親戚やお世話になっている人に贈るお中元ですが、いつからいつまでに贈るものなのか、正確な時期や日付はご存じですか?

年に1回のことですし、社会人になったばかりや結婚したばかりだと、お中元の時期についても意外とあやふやですよね。

大人のマナーとして知っておきたい、お中元を贈る時期について解説します。

スポンサーリンク

お中元の時期は関東と関西で違う!

赤い風呂敷に包まれた贈答品の写真まず知っておかねばならないのは、関東と関西ではお中元の時期が違うということ。

関東では7月はじめから15日まで、関西では8月はじめから15日までがお中元の時期とされています。

ただ、関西のお中元はもともとは8月が主流でしたが、最近では関西でもお中元の時期は早まる傾向があります。

関西でも関東と同じ7月15日までにお中元を贈ることが増えているため、迷ったら7月に贈ってしまっても、特別失礼にはあたりません。

あの人、関東出身だけど今は関西に住んでるなあ…。

あのお宅、奥さんは関東だけど旦那さんは関西出身だったなあ…。

など、判断が難しい場合には、関東と関西のお中元の境目である7月15日に届くように手配するのが無難でしょうね。

スポンサーリンク

お中元時期のひとつの目安は、その地域のお盆の時期

お盆の提灯飾りの写真お中元を贈る時期の目安となるのが、その地域のお盆の時期。

というのも、お中元はもともとお盆から生まれた風習。お盆の時期に、ご先祖さまへのお供えをするのに加えて、お世話になっている人たちへも贈り物をしたのが始まりだからです。

東北地方のように、お中元は7月でお盆は8月という地域もありますが、基本的にはお盆が終わるまでにお中元を贈れば大丈夫。

地元や義実家へのお中元を贈る時には、参考にするとよいでしょう。

地域別のお中元時期一覧

全国的に7月1日~15日の時期が一般的になってきているお中元ですが、やはり多少の地域差は残っています。日本の各地域で一般的とされているお中元の時期をまとめました。

目上の人にお中元を贈るため、その地域に合わせたいという時などに参考にしてください。

  • 北海道 … 7月15日~8月15日
  • 東北・関東・北陸 … 7月1日~7月15日
  • 東海 … 7月15日~8月15日
  • 関西・近畿 … 7月15日~8月15日
  • 中国・四国 … 7月15日~8月15日
  • 九州:8月1日~8月15日
  • 沖縄:旧暦の7月15日まで

こうして見ると、お中元の時期は北へ行くほど早く、南へ行くほど遅い;印象がありますね。

なかでも沖縄のお中元は少々特殊で、旧暦を基準にしています。実は沖縄はお中元にとどまらず、年中行事の多くを旧暦に合わせて行っているのです。

現在一般的に使われている新暦と旧暦は1年間の日数が異なるため、旧暦の7月15日は毎年、日にちが違います。

2015年の場合、旧暦の7月15日は8月28日。沖縄では8月28日までがお中元シーズンということになります。

お中元の時期を過ぎてしまったら、どうすればいい…!?

両手を頬にあてて驚いている女性の写真うっかりお中元の時期を過ぎてしまった!という時も慌てずに。

お中元シーズンを過ぎた場合は、のし書きを暑中見舞いや残暑見舞いに変えて、お中元の品を贈りましょう。

暑中見舞いと残暑見舞いの使い分けは、立秋を境目に。

立秋までは「暑中見舞い」、立秋から8月いっぱいまでは「残暑見舞い」を使います。

お中元は日頃の感謝の気持ちを示すものであり、儀礼的に何日の贈らなければならないというものではありませんから、落ち着いて8月以内には届くように手配しましょう。

でも、できれば日付指定をしておいて、注文だけは早めに済ませておくと安心ですね。

お中元をたくさん受け取る人は、7月15日あたりに届け物が集中するので、あえて時期を早めにしたり、ずらしたりするのも心遣いのひとつです。