雛人形の正しい飾り方。左右はどっち…?

雛人形の男雛と女雛、どっちに置くのが正解だっけ…?

雛人形の写真。十二単を着て扇を手にした女雛雛人形を飾る時、お内裏様とお雛様のどちらを右に置くか、左に置くか、迷いませんか?

雛人形を飾るのは1年に1回ですから、飾り方も忘れてしまいますね。

実は、雛人形の左右は地域によって違い、どちらに置いても間違ってはいません。左右どちらにおいても正解です。

でも、なぜ2通りの飾り方があるのかは気になりますよね。雛人形に左右2通りの置き方が生まれた背景や意味をご紹介します。

スポンサーリンク

関西では向かって右に男雛、左に女雛の飾り方が主流

向かって右に男雛、向かって左に女雛を置いた雛人形のイラスト

京都を中心とした関西地方では、向かって右に男雛、左に女雛を置く飾り方が主流です。

このお雛様の飾り方は古式とも言われ、日本古来の伝統的な飾り方。昔の日本では、左側が上座とされていました。そのため、お雛様の視線で見た時に、お殿様である男雛が左側に来るように配置したのです。

ということは、日本全国、この飾り方でも良さそうなものですが…

なぜ左右が反転した飾り方も出てきたのでしょうか?

それには、西洋文化の影響を受けた、とあるエピソードが関係しています。

スポンサーリンク

全国的な主流は、向かって左に男雛、右に女雛の飾り方

向かって左に男雛、右に女雛を置いた雛人形のイラスト

現在、全国で主流となっているのは、向かって右に女雛、左に男雛を置く飾り方です。

もともとは左右逆だったのに、この飾り方をするようになった理由には、昭和天皇の影響があります。

昭和天皇は、天皇として即位される際、西洋の文化に倣って皇后陛下の右側に立たれました。つまり、向かって左側に男性が、右側に女性が立つ形です。

西洋では右側が上座、左側が下座というのが一般的だったのですね。

この影響を受けて、皇居のある東京を中心に、女雛を向かって右、男雛を向かって左に置く関東雛の飾り方が広まったと言われています。

伝統を重んじる京都では、日本古来の飾り方がそのまま残ったため、お雛様の飾り方が2通り生まれたというわけです。

反転したのは男雛と女雛だけ

雛人形には、右大臣と左大臣の人形もあります。三人官女などに比べるとちょっと目立たない存在ですが、おじいちゃんの人形と言われるとイメージがわくのではないでしょうか?

右大臣と左大臣は日本古来の役職なので、位としては左大臣のほうが偉い図式。この2人の間には上下関係があるのです。

ですので、男雛と女雛が左右入れ替わるのであれば、この2人の位置も入れ替わるのが、本来あるべき姿なのですが…

この2人については、忘れられてしまったようです(^_^;)

左右の位置が反転したのは男雛と女雛だけで、それ以外の人形については位置はそのまま。

そのため、京雛は偉いほうが向かって左というルールを一貫しているのですが、関東雛では位置による上下関係の一貫性はなくなってしまいました。

このことをどう見るかは人それぞれですが、日本に西洋の文化が溶け込んだ表れと考えると、歴史の流れを感じて少し面白い気もしますね。