五月人形の正しい処分。処分の時期と方法について

五月人形はどうやって処分する?人形に失礼のない処分方法とは

少し寂しそうな顔で子供の日の兜をかぶった人形の写真男の子の成長を祝って飾る、五月人形。

息子さんが小さい頃は何も考えずに飾っていても、小学校に上がる頃になると、五月人形っていつまで飾るのか、使わなくなったらどう処分するのか、ちょっと気になってきますよね。

縁起物なだけに、普通のゴミと同じように処分するのも気が引けます。

子供の成長とともに気になる、五月人形の正しい処分時期と処分の方法についてまとめました。

スポンサーリンク

五月人形を処分する時期。五月人形は何歳まで飾る?

五月人形を飾る年齢については、実は特に決まりやしきたりはありません。

五月人形には、男児の命を守ってくれる厄除けのお守りとしての意味がありますから、その意味では一生飾っても差し支えないことになります。

でも、実際に五月人形を飾り続けているという男性はあまりいないですよね。

一般的な習慣としては、五月人形を飾る時期には次の3つの区切りがあります。

  • 7歳まで飾る
  • 武家の子供が元服する年齢だった、数え年15歳まで飾る
  • 現代の成人である、20歳まで飾る

五月人形を飾る時期のひとつは、7歳まで。

昔は子供を育てることが今よりずっと大変で、子供の死亡率も高かったため、「7歳までは神のうち」という言葉がありました。

七五三を7歳まで行うのもそれに由来していて、7歳まではいつ神様の元に帰ってしまってもおかしくないので、子供の魂が持っていかれないよう、着物の帯を締めてつなぎとめるという意味があったんですよ。

7歳まで成長したら、晴れて人間の仲間入りというわけですね。

もうひとつは、男児の成人をもって五月人形を飾る区切りとする考え方。

五月人形は、もともとは武家に男児が生まれた、子供の誕生と成長を祈って武人の象徴である鎧兜を飾ったことが起源です。

子供が数え年15歳になって元服すると、その鎧兜を神社に奉納し、大人の仲間入りをしました。

この背景から、数え年15歳まで飾る習慣、成人の年齢を現代に合わせて20歳まで飾る習慣とがあります。

7歳、数え年15歳、20歳、一生。

五月人形を飾ってもいい年齢は、どれも正解ですが、男の子が人形に興味を示さなくなると、自然と飾らなくなる家庭が多いようです。

スポンサーリンク

五月人形の処分方法。きちんと処分したいなら人形供養を

人形供養の写真飾らなくなった五月人形は、粗大ゴミとして出すこともできますが、縁起物の人形をゴミとして捨てるのは、普通は気乗りがしないもの。

五月人形をきちんと処分したいのなら、人形供養がおすすめです。

人形供養は、全国の寺社で行っているもので、人形に感謝の気持ちを込めて祈祷を捧げた後、お焚きあげをして人形をお見送りします。

人形供養の費用は寺社により異なりますが、ダンボール1箱あたり5000円程度が一般的。

一例として、一般社団法人日本人形協会では、通年で人形供養代行の受付をしている他、全国の人形供養祭のスケジュールを公開しています。

日本人形協会HP内 人形感謝(供養)代行サービスのページへ≫

それ以外でも人形供養を行っている寺社は多いので、お近くの神社やお寺で人形供養しているところを探して、直接人形を持ち込むのもおすすめです。

息子さんと一緒に人形供養をすることで、今まで守ってくれた五月人形への感謝の気持ちも強くなるのではないでしょうか。