雛人形をしまう日と場所は、いつどこが正解?正しい雛人形のしまい方

ちゃんとしまわないと行き遅れちゃう!?雛人形のしまい方

ぼんぼりの明かりに照らされた女雛の写真雛人形をしまうのが遅くなると、女性が行き遅れる、婚期が遅れる…

というのは、よく知られた話です。雛人形のせいだけではないにしても、可愛い娘さんが行き遅れるなんて、ちょっと聞き捨てなりませんよね。

でも、雛人形って、いつどこにしまうのが正解なんでしょう。

雛祭りの当日のうちにしまう?
それとも雛祭りが終わった翌日以降…?

意外と迷ってしまいますよね。

雛人形をしまう、正しい日にちと場所についてまとめました。

スポンサーリンク

雛人形をしまい遅れると婚期が遅れる…実は明確な根拠はなし!

雛人形をしまい遅れるとお嫁に行けないというのは、実は昭和に入ってから言われるようになったこと。

雛人形を飾る風習自体は平安時代から存在していたわけなので、行き遅れる云々という話は、かなり最近になってから生まれたものだということですね。

一種の迷信やジンクスのようなもので、明確な根拠や理由はありません。

  • 雛人形を出しっぱなしにしている=だらしがない=お嫁の貰い手が付かない
  • お雛様を早く片付ける=結婚が早く片付く

などの理由やイメージから、雛人形をしまわないと行き遅れると言われるようになったのではと考えられています。

スポンサーリンク

雛人形は、そんなに慌てて片付けなくても大丈夫

桜の写真。青空を背景にソメイヨシノが咲いている雛祭りの別名である桃の節句の「節句」とは、季節の節目をお祝いすることです。

そうした本来の意味を考えると、春の季節飾りである雛人形は、3月3日当日や翌日に慌ててしまわなくとも、春の間は飾っていても問題はありません。

実際、地域によっては雛祭りを旧暦で祝うため、4月中旬くらいまで雛人形を飾る風習があります。

通常の新暦どおりであれば3月中旬、旧暦で雛祭りをお祝いする地域であれば4月中旬を目安に、雛人形をしまうのが良いでしょう。

それ以上飾りっぱなしにしておくと、春から初夏になり、次は5月の端午の節句が控えているわけですから、なんだかだらしのない印象になってしまうということですね。

雛人形のしまい方。人形をしまうのはお天気の良い日に!

雛人形をしまうのは、晴天が数日続いた後の、よく晴れた日がおすすめです。

高級な布をふんだんに使って作られた雛人形にとって、湿気は大敵。曇りや雨の日にしまうと、湿気や結露で人形が傷む原因になります。

雛人形の保存状態を良くするためにも、春らしいお天気の良い日に片付けるようにしましょう。

人形をしまう場所も、高温多湿になるような場所はNG。

1年に1度しか出さないものなので、風通しの良い場所にしまうのは難しいかもしれませんが、空気が蒸す場所は避け、乾燥剤や除湿剤を入れるなどして、できるだけ通気性の良い状態を保ってあげてください。

湿気の多い場所では虫食いやカビも発生しやすいので、防虫剤も使用すればさらに安心。

人形用の除湿剤・防虫剤も販売されているので、雛祭りの時期にドラッグストアなどで見かけたら、1つ買っておくのもおすすめです。