入学祝い用のし袋の正しい選び方、表書き、包み方を図解で解説!

入学祝いを包むのし袋の選び方と正しい包み方

蝶結びの水引に御祝の文字が書かれたのし袋のイラストお祝いのお金を包むのし袋には、用途に応じてさまざまな種類と包み方があります。

一見同じように見えてややこしいのですが、間違ったのし袋や包み方をするのは、相手に大変な失礼になることも。

知らなかったと恥をかかないように、入学祝いを贈る際の正しいのし袋の選び方と包み方を覚えましょう。

スポンサーリンク

入学祝いののし袋は、蝶結びの水引が付いたものを

蝶結びの水引の、熨斗袋のイラスト

のし袋に結ばれている水引には、上向きに結ばれた「結び切り」と、リボンのような「蝶結び」の2種類があります。

入学祝いに使うのは蝶結び。

何度も結び直すことができる蝶結びにちなんで、何回あっても良いお祝い事に使用します。入学式は小学校、中学校、高校…と、何度もありますからね。

結び切りは、結婚式やお悔やみなど、一度だけで良い事に使用します。だから、一度結んだらほどけないように、固く結んであるのです。

スポンサーリンク

入学祝いの表書きの書き方

蝶結びの水引の、熨斗袋のイラスト入学祝いは慶事なので、表書きの文字は濃い黒の筆で記入します。普通の筆ペンを使えば問題ありません。

薄いグレーの薄墨はお葬式などの弔事用なので、入学祝いの表書きを薄墨で書くのは大変失礼なこと。筆ペンを間違えないように気をつけてくださいね。

入学祝いの表書きに使える言葉は、「祝御入学」「入学御祝」「御入学御祝」など。のし袋の上側の真ん中に書きます。

身内に贈るものですので、「御入学おめでとう」などの多少くだけた言い方を使ってもかまいません。

のし袋下側には、自分の名前を、上側よりも少し小さい文字で書きます。夫の名前のみを書くのが一般的ですが、連名にする場合には夫の名前を右、妻の名前を左に並べて書くようにします。

のし袋に入れる中袋の記入も忘れずに

のし袋に入れる中袋の書き方を示したイラスト

のし袋には、直接入学祝いのお金を入れるのではなく、中袋という封筒にお金を入れて包みます。

お祝いが重なるようにという意味で、慶事の際には、中袋とのし袋で2重にお金を包むのがマナーなのです。

たいていののし袋には中袋が一緒に付いていますが、たまに中袋のないタイプもあるので気をつけてください。

中袋の表には「金壱万円也」「金五千円也」のように、漢字で入学祝いの金額を書きます。

中袋の裏には、自分の住所と氏名を記入します。位置は封筒の左端です。

中袋によっては、金額を記入する欄があらかじめ印刷されていることがあります。その場合には、記入欄に同じく漢字で金額を書き入れ、反対の面(記入欄がない面)の左端に住所と名前を記入します。

入学祝いののし袋は、下側を上にかぶせて包むのが正解

慶事ののし袋の包み方を示したイラスト

表書きを書き終えたら、あとはお札を入れるだけ。お札は、のし袋の表側に人物の顔が向くように入れます。

入学祝いののし袋は、下側を上にして重ねるのが正しい包み方。嬉しいことなので上を向いて喜ぶという意味があります。

逆に重ねるのは、下を向いて悲しむ様子を表し、弔事用の包み方。包み方を間違えると大変な失礼にあたるので、くれぐれも最後の仕上げを間違えてしまわないようにご注意を!