入学祝いは誰に、いくらあげるべき?入学祝いの範囲と相場

入学祝いって、どの程度の知人にあげるべき?いくら包む?

ランドセルを背負った女の子と男の子が桜の花を背景に笑っている写真桜前線が上昇し始めると入学シーズン。小学校や中学校へ進学する、初々しくもちょっと誇らしい子供たちの笑顔が可愛らしいですよね。

入学シーズンに迷ってしまうのが、誰に、いくらの金額で入学祝いを贈るべきかどうか。

入学祝いはどの程度の知人にまで贈るべき?
贈るとしたら、いったいいくら包むべき?

そうたくさんある機会ではないだけに、悩んでしまいますね。知っていそうで知らない、入学祝いの範囲と相場についてまとめました。

スポンサーリンク

入学祝いを贈るのは甥っ子・姪っ子までが一般的

一般的に、入園祝い・入学祝いを贈るのは甥っ子・姪っ子まで。基本的には身内・親戚のみで大丈夫です。

友人の子供や会社の上司・同僚の子供にまでは、贈らなくても失礼にはあたりません。

ただし、普段から家族同然の親密なお付き合いをしていたり、自分たちが入学祝いをいただいている場合には、日頃の感謝やお返しの意味を込めて、親戚でなくとも入学祝いを贈ることもあります。

スポンサーリンク

入学祝いには、いくら包むのが常識?

お金の写真。黒い財布の上に置かれた日本円のお札と小銭親戚への入学祝いであれば5000円~1万円程度、友人・知人への入学祝いなら5000円前後が相場です。

必ずこうという決まりがあるわけではありませんが、高校・大学への入学祝いの場合には、+1~2万円ほど包むという人も多いようです。

入学祝いの意味は、身内の人間が親同様に子供の成長を喜び、一緒に祝うためのもの。身内同士での事ですので、贈る相手に気を遣わせない程度の金額が良いとされています。

1万円をひとつのベースとして、日頃のお付き合いの程度や自分たちがいただいているお祝いに応じて、5000円~1万円くらいの幅で増減すれば、失礼のない金額と言えます。

入学祝いとして現金以外のプレゼントを贈ってもいい?

進学時は何かと入用なので、基本的には現金が喜ばれます。

ただし、受け取る側の希望がはっきりしている場合には、現金ではなく物品を贈ってもかまいません。

文房具やカバンなどは、学校側で使用するものが指定されていたり、親がすでに買い揃えていることもあるので、事前に聞いてしまうのが一番。親しい身内であれば、「何か必要なものはない?」と直接聞きましょう。

もし、聞くことに気兼ねしてしまうような関係であれば、素直に現金か、あるいは図書券や文房具券などの金券を贈っておくのが無難です。

入学祝いを贈る時期はいつがいい?

入学祝いを贈る時期は、入学する学校が決まってから入学式までの間です。

一般的な受験の合格発表は3月初旬で入学式が4月なので、3月中には入学祝いを贈っておくのが適当。入学式が終わってから渡すのはマナーを失します。

一方で、入学祝いをあまりに早く贈り過ぎてしまうのもNG。特に受験して進学する場合には、くれぐれも進学校が決まる前に入学祝いをフライングで贈ってしまわないよう注意しましょう。