入学祝いのお返しは基本的に不要、ただしこれだけは忘れずに!

入学祝いのお返しはしなくてもOK、でもお礼はすぐにするのがマナー

のし袋についている蝶結びの水引の写真入学祝いは親へではなく、子供へのお祝いに贈るもの。

そのため、入学祝いのお返しは一般的には不要とされています。子供にはまだお返しできるような経済力がありませんからね。

ただし、入学祝いを受け取ったらできるだけすぐにお礼の連絡をするのがマナー。

また、お返しを贈りたい場合には、内祝いという形で品物を贈っても失礼にはなりません。

入学祝いをいただいた時のお礼のマナーについてまとめました。

スポンサーリンク

入学祝いを受け取ったら、3日以内にお礼の電話を

電話で話している女性の写真入学祝いをいただいたら、まずはすぐにお礼の連絡を。遅くとも3日以内には、電話でお礼を伝えましょう。その後でお礼状を送るとさらに丁寧です。

入学祝いは子供に贈っていただいたものですから、できればお子さんからも直接「ありがとう」の一言を。

お祝いのお金は、どうしても親同士でのやりとりだけで済ませてしまいがちですが、こうしてお子さんがお礼を言うことで、お祝いをいただいた方への感謝の気持ちを持つことができます。

お祝いを贈ったほうとしても、子供の元気な声を聞くのは嬉しいものです。

スポンサーリンク

入学の内祝いを贈るのはこのようなケース

  • 高額な入学祝いをいただいた
  • 相手のお子さんが成人している等で、こちらからお祝いを贈る機会がない
  • 普段あまりお付き合いのない方から、不意にお祝いをいただいた

このような場合には、入学祝いのお返しとして「内祝い」を贈ることもあります。

基本的にはお返し不要なのが入学祝いなので、内祝いを贈るべきかどうかは、そのお相手とのお付き合いや、いただいた金額で判断します。

入学祝いの内祝いの贈り方とマナー

入学祝いの内祝いを贈る際のマナーは次のとおり。

  • 入学祝いをいただいてから1ヶ月以内には贈ること
  • いただいた金額の1/3~半額程度のお菓子やお茶などを贈る
  • 現金、下着、腰から下に身につける物を贈るのはマナー違反
  • のしの表書きは「内祝い」、親ではなく子供の名前を書く
  • 水引は紅白の蝶結び

入学祝いのお返しにする品物の金額は、いただいた額の1/3、多くても半額程度が目安です。あまりに高価なものをお返ししても、かえって気を遣わせてしまいます。

贈る品は、お菓子やお茶の詰め合わせなどの消耗品が良いでしょう。お菓子の詰め合わせなら、3000円ほどでもしっかりとしたものが贈れます。

下着や腰から下に身に付けるものを贈るのは、相手が生活に困っていると思わせるため失礼とされています。

また、目上の方に現金をお返しするのは失礼にあたることから、内祝いで現金を贈るのもマナー違反。

お返しに現金や肌着を選ぶ人はまずいないと思いますが、念のため覚えておいてくださいね。

入学祝いの内祝い向けのギフト

入学祝いの相場はおおよそ1~2万円。お返しとして贈る内祝いの価格は、3000~6000円程度の品が適当です。

例えばどんな商品があるか?目上の方にも喜ばれ、見た目にも春らしさを感じる内祝いの好適品をピックアップしました。すべて、内祝い用ののしがけ・名入れに対応した商品です。

(1)お米の食べ比べギフト
日本人なら、もらって迷惑な人は誰もいない、高級ブランド米の食べ比べセット。受け取ったほうも嬉しくなるような、モダンでお洒落なパッケージデザインです。

3150円のセットは5種類のお米、5250円のセットは10種類のお米が入っています。入学祝い用ののしが付けられる他、無料でメッセージカードを付けられるので、お礼の一言も添えられます。

(2)まあるい漆器に入った金平糖のギフト
宮内庁御用達の漆器店が作る、まんまるで可愛らしい漆器と金平糖のギフト。漆器の色は赤と黒から選べます。

お手頃価格ながら、本物の漆器だけが持つ上品さと高級感があふれる上質なギフト。無料でのしがけしてもらえます。

(3)どんな年代の方にも送れる、日本茶ギフト
ギフトの定番、お茶のセット。味の好みがわからなくても、人を選ばず贈れるギフトのひとつです。

内祝いとして選ぶなら、春らしさ満天の愛らしい茶筒に入ったセットで。飲み終わった後も、小物入れとして使えます。