入学祝いは友人の子供にも贈るべき?正しいマナーは…

近所や親しい友人の子供にも、入学祝いは贈るもの?

制服を着てランドセルを背負い笑顔を浮かべている女の子の写真近所の子供や、親しい友人の子供が入学を迎え、入学祝いを贈るべきかどうか迷っていませんか?

一般的なマナーでは、入学祝いは親戚の間で贈るものなので、友人の子供には贈らなくともマナー違反にはあたりません。

入学祝いの意味合いは、子供の入学を、親族の人間が家族同様に喜びお祝いするもの。内輪でのお祝いの意味合いが強いので、友人同士で入学祝いを贈らなくても、失礼ではないのです。

スポンサーリンク

自分が入学祝いをいただいていた場合は、こちらからも入学祝いを

蝶結びの水引に御祝の文字が書かれたのし袋のイラストただし、自分の子供が入学祝いをいただいている場合は、やはりこちらからも入学祝いを贈るのがベター。

先方からいただいた金額と進学するお子さんの年齢を参考に、受け取った相手に気を使わせ過ぎない程度の現金を包んで贈るのがよいでしょう。

入学祝いの相場は、親族であれば1~2万円くらいですが、友人への入学祝いはその半額くらいが世間的な相場です。1万円未満の金額でも特に問題はありません。

現金を包む時は、のし袋の種類を間違えないようにご注意を。入学祝いに使うのは、リボンのような蝶結びになった水引です。

丸く上向きに結んだ水引は結び切りといって、一度だけで繰り返し起こって欲しくないことに使います。慶事で使うのは結婚式、それ以外ではお葬式やお見舞いに使うものなので、入学祝いに結び切りを使うのは大変失礼なこと。

水引やのし袋にも意味がありますから、うっかり間違えないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

友人の子供に入学祝いを贈りたい場合は?

鉛筆やクリップなどたくさんの文房具が置かれている写真家族同様に親しくしているので、友人の子供にも入学祝いを贈りたい!という場合は、もちろん贈っていけないということはありません。

でも、友人同士で現金を贈り合うのは、お互いに気を使ってしまいますよね。ちょっとしたお菓子や、図書券・文房具券などの金券を入学祝いとしてプレゼントするのがおすすめです。