卒業式の母親の服装マナーガイド。失敗しない色選びとコーディネートはこれ!

卒業式の母親の服装、周りと浮かずマナーを守った格好は…?

卒業証書と桜の写真春は卒業シーズン。お子さんの卒業式を迎えるお母さんにとっても、感無量ですよね。

卒業式に出席する時、けっこう悩んでしまうのが服装について。

入学式と卒業式では、服装マナーが微妙に違います。

1人だけ場にそぐわない格好で浮いてしまわないように、卒業式のママコーディネートのマナーをチェックしておきましょう。

失敗せず、でも上品に決まる、卒業式の母親の服装マナーについてまとめました。

スポンサーリンク

母親の卒業式出席、基本は黒のフォーマルスーツ

卒業式の母親の服装は、黒のフォーマルスーツが基本です。

卒業式はお祝いの場であると同時に、長年お世話になった先生や学校に敬意を示す厳かな場でもあります。

入学式は明るめのスーツを着る人も多いですが、より厳粛な式典である卒業式は、礼服としてダークスーツを着用するのが一般的です。

卒業式の出席用には、黒、ネイビー、グレーなどのダークスーツを選びましょう。

絶対にダメ!というわけではありませんが、入学式の時の春色スーツを着回そうと考えていた人は気をつけて。

スポンサーリンク

卒業式のストッキングの色は、黒よりもベージュがベター

黒スーツには黒ストッキングを合わせたくもなるところですが、黒ストッキングは基本的には弔事用。

ストッキングの色については絶対的な決まりはなく、地域によっては黒ストッキングはが多数ということもあります。

でも、一般的なマナーとして、おめでたい慶事である卒業式には、黒ではなくベージュのストッキングを合わせるのがベターです。

全身黒ずくめでは、喪服のようになってしまいますからね(^_^;)

春先の体育館は寒いので、厚手のタイツを履きたくなるかもしれませんが、フォーマルスーツにはタイツはふさわしくないとされています。

服装マナー上は、タイツはカジュアルファッションと見なされるので、よっぽどの寒冷地でない限りは、タイツではなくストッキングを選びましょう。

ストッキングとタイツの境目は、一般的には30デニール。卒業式用には、30デニール以下のベージュ・肌色のストッキングが正解です。

卒業式スーツは、コサージュで上品なお洒落を楽しもう

卒業式は厳粛な場ではありますが、門出を祝うおめでたい場でもありますから、まったくお洒落をしてはいけないわけではありません。

ただし、主役はあくまでも子供たち。立会人の母親は、目立ちすぎず控えめなお洒落を心がけましょう。

卒業式スーツに合わせるコーディネートとして人気があるのはコサージュ。

赤や紫などの濃いめの色は、卒業式には派手すぎますし、ダークスーツにはあまり合わないので、淡いパステルカラーのコサージュを選ぶのがおすすめです。

左の胸元にコサージュを付けるだけでも、黒スーツがグッと上品で女性らしい印象になりますよ。

卒業式の記念を残したい、個性的なコーディネートを楽しみたいという人には、生花やプリザーブドフラワーを使ったコサージュもおすすめ。

生花のコサージュは1000~2000円程度で作れるので、お近くの花屋さんで相談するか、ミニブーケに自分でピンを取り付けてコサージュにしましょう。

プリザーブドフラワーのコサージュは値段が上がりますが、繰り返し使える点、卒業式が終わった後もずっと記念として飾っておける点が魅力です。