お彼岸って?大人なら知っておきたい、お彼岸の基礎知識

今さら聞けない!?お彼岸とは

彼岸花の写真。赤い彼岸花と白い彼岸花が一輪ずつ咲いている様子お彼岸という言葉は知っていても、いざお彼岸とは何かと聞かれると…

きちんと説明できない人も多いのではないでしょうか(^_^;)

お彼岸とは何か、どうやって過ごすものなのかなど、大人として、日本人として抑えておきたい、お彼岸の基礎知識をまとめました。

スポンサーリンク

お彼岸は、年2回ある先祖供養の仏教行事

お彼岸は、年2回ある先祖供養の仏教行事のこと。春分の日・秋分の日を中心とした前後3日間の計7日間の期間を指します。

春分の日は3月下旬、秋分の日は9月下旬。実はこの2つの日付は固定ではなく、毎年数日ずれるので、その年のお彼岸がいつになるかは、カレンダーを見て確認しましょう。

スポンサーリンク

お彼岸とお盆の違い

お墓参りの写真。1組の男女が墓地でお墓に手を合わせている先祖供養と言えば、真っ先に思い浮かぶのはお盆。「あれ?じゃあ、お彼岸とお盆は何が違うの…?」という疑問が出てきますよね。

お彼岸もお盆も、先祖供養をするという点では同じ。ですが、この2つの行事は起源が少し違っています。

お盆はインドが起源の仏教行事で、ご存知のとおり、ご先祖さまを現世に招き、供養をしてお見送りします。

一方、お彼岸は他の仏教国にはない、日本だけの仏教行事。お盆のようにご先祖さまが帰ってくるのではなく、お墓参りや法要をして、あの世にいるご先祖さまに感謝と供養を捧げます。

お盆はご先祖さまをもてなし供養することがメインの行事ですが、お彼岸は自分たちの修行の意味合いも強い行事である点が異なります。

そもそも「彼岸」とは、仏教用語で悟りの世界である、あの世を指す言葉。仏教の教えでは、彼岸に至るには6つの修行を修める必要があるとされています。

お彼岸が7日間あるのもこれが理由。1日ひとつずつ6つの修行をこなすのに6日、ご先祖さまへの感謝が1日で計7日間という意味があるのです。

お彼岸のお供えと言えば、ぼた餅とおはぎ!

ぼた餅・おはぎの写真。赤い皿におはぎが1個乗っている3月や9月になると、デパートやスーパーで、おはぎがたくさん売られているのを目にしたことはないでしょうか?

お彼岸では、ご先祖さまの供養にぼた餅・おはぎをお供えするのが習わしです。小豆に邪気を祓う力があると信じられていたことから、お供えに使われるようになりました。日本人が特別な時にお赤飯を炊くのも、小豆に神聖な力があるからこそ。

ぼた餅とおはぎは、名前こそ違いますが中身はまったく同じもの。お餅をあんこでくるんだ、おなじみの和菓子です。

お彼岸の時期によって呼び方が違い、3月の春彼岸の時は「ぼた餅」、9月の秋彼岸の時には「おはぎ」と言います。

名前の由来は、その季節の花にちなんでおり、ぼた餅は「牡丹」から、おはぎは「萩」から来ています。同じお菓子でも、季節によって呼び方を変えるなんで、風流ですよね。