雛人形の意味、子供に説明できますか?三人官女や五人囃子の役目を知ろう

雛人形の段飾りの写真。男雛女雛、三人官女、五人囃子が立派な段飾りに飾られている雛祭りに飾る雛人形、お内裏さまとお雛さまが夫婦だということくらいはわかるけれど…

このお人形たちは誰?
みんな何をしているの?

そう聞かれた時、正しく答えられる自信はありますか?

子供の好奇心は、いつでも意外なところから飛んできます。いつ雛人形の意味を聞かれても大丈夫なように、雛人形の人形ひとつひとつの役目を知っておきましょう。

スポンサーリンク

雛人形は、男雛と女雛の婚礼の様子を表したもの

雛人形の写真。十二単を着て扇を手にした女雛雛人形は、昔の宮中の婚礼儀式を模した人形。つまり、男雛は天皇陛下で、女雛は皇后陛下を表しています。

男雛のことをお内裏さまとも呼びますが、この「内裏(だいり)」とは、天皇が住まわれる住居のこと。

子供には王様とお姫様と言ってあげたほうがわかりやすいかもしれませんね。雛人形には、天皇・皇后夫妻のように幸せな結婚ができますようにという、憧れと願いが込められているのです。

雛人形を片付けるのが遅くなると行き遅れる、という言い伝えも、雛人形が婚礼の人形であることに由来しています。

いつまでも人形を片付けない=いつまでも娘が片付かず家にいる=行き遅れる、というわけです。

スポンサーリンク

三人官女はお酒を振る舞う女官たち

三人官女は、女雛にお仕えする女官たち。

真ん中にいるのが女官長で、よく見ると眉毛がありません。これは、女官長が既婚女性であることを表しています。昔は、女性は結婚すると眉毛を剃る風習があったのです。

両脇の女官たちは眉毛がかかれ、未婚の女性であることがわかります。

三人官女がそれぞれ手にしているのは、長柄銚子、加銚子、盃という、どれもお酒を注ぐ道具。彼女たちは、婚礼の祝い酒を振る舞う役割をしているんですね。

五人囃子は婚礼の音楽を演奏する楽師

雛祭りの五人囃子の人形の写真五人囃子の五人は、みな楽師。

まだ元服の儀式を済ませていない少年たちなので、マゲを結ばず前髪を切りそろえた髪型をしています。

それぞれが手に太鼓や笛を持ち、生演奏で結婚式を盛り上げる、少年楽団のメンバーです。

おじいちゃんと若者の人形は、男雛と女雛をお守りする大臣たち

右大臣、左大臣と呼ばれる2人の人形は、男雛と女雛をお守りする、警護役を務めています。

右大臣が若者、左大臣がおじいちゃんの姿で表現され、2人とも弓矢で武装をしています。よく見ると、雛人形の中で、この2人だけ勇ましい様子なのがわかりますね。

仕丁は雑用係を務めるボランティア庶民

仕丁(じちょう)の人形は、庶民出身の雑用係。実は彼らはボランティアで、昔は庶民が無償で宮中に奉仕する習慣があったのです。

仕丁の3人はそれぞれ怒りじょうご、泣きじょうご、笑いじょうごを表し、3人まとめて三人上戸とも呼ばれます。

手には傘や掃除道具を持ち、箪外出の準備や宮中の掃除をしている様子を表しています。

雛人形と一緒に飾る調度品は、女雛の嫁入り道具

雛人形には、箪笥や食器などの調度品も一緒に飾りますね。これらは女雛の嫁入り道具です。

こうして見ると、雛人形のすべてが、男雛と女雛の婚礼をお祝いし、盛り上げるためのものであることがわかりますね。

子供に雛人形の意味を聞かれたら、自信をもって説明してあげてください。