鎧兜の五月人形を飾る意味。鯉のぼりとの違いは何だ?

子供の日に飾る五月人形。どんな意味があるのか知っていますか?

五月人形のカブトの写真5月5日の子供の日。

息子さんのいるお宅では、男の子の成長を祝って五月人形を飾りますね。

この五月人形、なぜ鎧兜の形をしているのか、どんな意味があるのかは知っていますか?

子供の日に飾るものだから、という理由で飾る人が多いと思いますが、その裏に込められた意味や歴史を知ることで、より行事を楽しみ、有意義にお祝いすることができますよ。

意外と知らない、子供の日に五月人形を飾る意味についてまとめました。

スポンサーリンク

五月人形は武家から生まれた風習

鎧兜を身に付けた武者人形の写真五月人形を飾る風習は、室町・鎌倉時代頃の武家の風習が起源です。

戦場で身にまとう鎧兜は、自らの命を守ってくれる防具であり、武人としての強さのシンボルでもある大切なもの。

武家では、男の子が生まれると家の前に新しい鎧兜を飾り、華やかなのぼりを立てて、男の子の誕生を祝い、健やかに育つようにと祈る習慣がありました。

男児を守って欲しい、強く育って欲しいという願いを鎧兜に託すのは、現代の私たちにもよく理解できますよね。

この習慣が武家から庶民にも広まり、より飾りやすく変化していったものが五月人形です。

雛祭りもそうですが、日本の年中行事の多くは、貴族や上流階級の習慣を、庶民が真似して広まったものが多いんですよ。

でも、本物の鎧兜は庶民にはそうそう手が出るものではありません。

そのため、男の子を災厄から守るという五月人形の意味合いは変わっていませんが、時代とともによりコンパクトで飾りやすい兜飾りや武者人形などのバリエーションが誕生して、現代に至っています。

スポンサーリンク

五月人形と鯉のぼりの意味の違いって?

子供の日の飾りには、五月人形の他に鯉のぼりもあります。

この2つ、いったい何が違うのか、持っている意味は同じなのか…?よくよく考えると、あまり聞いたことがないですよね。

五月人形と鯉のぼりの由来と意味の違いを簡単に比較するとこのようになります。

  • 五月人形 … 武家社会の風習が起源。男児を災厄から守る意味がある。
  • 鯉のぼり … 江戸時代が起源。中国の故事にちなんだ飾りで、立身出世を願う意味がある。

先ほど説明したように、五月人形は日本の武家社会の習慣にルーツを持つもの。

一方の鯉のぼりは、鯉が川を登って龍になるという、中国の登竜門の故事にちなんだ意味を持っています。

端午の節句に鯉のぼりを飾るようになったとされているのは、江戸時代の頃。

当時、財力はありながら社会的地位は低かった裕福な商人たちが、武家の飾る鎧兜の五月人形に対抗して、立身出世を象徴する派手なのぼりや吹き流しを飾ったのが始まりだとか。

商人が武士に張り合った結果生まれたのが鯉のぼりだなんて、ちょっと面白いですね。

このように、五月人形と鯉のぼりでは持っている意味合いが違うので、子供の日には両方とも飾って問題はありません。

予算やスペースの関係から両方とも揃えるのは簡単ではありませんが、折り紙や玩具などを上手に使って、2つの飾りに2つのお願いを託してみてはいかがでしょうか。