娘の桃の節句、どんな風に祝うのが普通?

意外と悩む、桃の節句の祝い方と親戚関係

和のイメージ写真。ピンクの背景に色とりどりのお菓子と花が置いてある様子3月3日は桃の節句。小さな女の子のいる家庭では、賑やかなお祝いになりますね。

ですが、実家に帰省するのが慣習となっているお正月のような行事と違って、意外と親戚付き合いに迷ってしまうのも、桃の節句。

義理の両親を呼ぶべきか?
初節句は親戚も一緒にお祝いするもの?
内祝いはどれくらいお返しすればいいのか…?

などなど、疑問は尽きません。

桃の節句の祝い方に100%の正解はありませんが、一般的なご家庭ではどのようにお祝いしているのかを調べてみました。

娘の初節句、皆はこうしてお祝いしてる!

自分のお子さんが桃の節句を迎える場合、義両親や親戚まで読んで盛大にお祝いすべきものなのか、悩んでいるママは多いのではないでしょうか。

こういうことは、旦那さんは頼りにならないことが多いですからね(^_^;)

特に初節句のお祝いをどうするかは、悩んでいるママさんがたくさんいるようです。Q&Aサイトにある、初節句の相談から、その内容と傾向をまとめてみました。

スポンサーリンク

両親・義両親と初節句をお祝いすべき?

ちらしずしの写真自分の親や義両親が初節句のお祝いに張り切っている場合、基本的にその意向に沿っておいたほうが、後々の関係にも傷が付きません。

初節句のお祝いをどうするかは、家庭や地域によって本当にさまざま。みんなで集まって盛大にお祝いをする家庭もあれば、ご馳走を食べて家族のみでお祝いするという家庭もありますので、必ずこうしなければならないというお祝いの仕方はありません。

基本的には、日頃の実家や親戚との付き合い方によります。何かと集まる家庭もあれば、イベントごとにはあまり関心のないドライな家庭もあり。自身の親や旦那さんと相談して、嫌な思いをする人が出ないように気を配るのが賢明でしょう。

スポンサーリンク

みんなはこうして桃の節句をお祝いした!

迷っている人の参考までに、初節句を迎えた皆さんが、どのようにお祝いをしたかをピックアップしました。

自分たちの家と実家同士が遠方でなければ、両家集まっての食事会の場を設ける
実家と義実家、それぞれで別々にお祝いする
片方の実家が近い場合は、家に呼んで一緒に初節句のお祝いをする。遠方の実家へは電話と写真で報告
特に親や親戚は呼ばず、親子だけでお祝い。お祝い金をいただいた方には、後日、内祝いをお返しする

昔は、初節句とあらば親戚一同で集まってお祝いすることもありましたが、最近は身内だけでお祝いすることが一般的なようです。

こうしたお祝い事がなければ、なかなか顔を見る機会がなかった昔に比べ、今はメールやパソコンで手軽に写真を撮ったり送ったりできるようになったことも関係しているのかもしれませんね。

地方と都市部でも違うようで、地方ほど盛大にお祝いする傾向があるようです。東京近郊の都市部では、ホテルやレストランで食事会をしたり、自宅に親を招いてお祝いをするという方が目立ちました。

親には桃の節句の内祝いをお返しするもの?

「半返し」という言葉もあり、桃の節句のお祝い金をいただいた親戚や知人には、半額程度の内祝いをお返しするのが通例です。

迷ってしまうのは、雛人形を買ってもらった親・義両親への内祝いですね。雛人形の半額ともなると、けっこうな金額になってしまいます。

一般的には、親に対して桃の節句の内祝いをお返しするというマナーはありません。食事に招いた場合には、それがお返しと見なされます。実際、親に対して特に金銭や物品的なお返しはしていないという人がほとんどでした。

親側からも「そのお金があるなら、孫に使ってあげてちょうだい」「おじいちゃんおばあちゃんは、お祝いできるのが嬉しいのだから」という声が。孫の顔を見せたり、遠方であれば写真を送ったりすることが、何よりのお返しになるようです。

桃の節句の雛人形はどうする?

雛人形は誰が買うのが普通?

雛人形の写真。十二単を着て扇を手にした女雛雛人形はお嫁さんの実家が買ってくれることが一般的な慣習になっていますが、絶対というわけではありません。

マンションなどで置き場所がない、実家に経済的な負担をかけたくないなどの理由から、最近は自分たちでコンパクトな雛人形を買うのに留めるというご夫婦も増えている様子。

親や義両親からの厚意があれば素直に受け取る、特に雛人形の話がで出なければ、自分たちの身の丈にあった雛人形を買い揃えるのが良さそうです。

自分や親戚の雛人形のお下がりってアリ?

自分や親の雛人形を娘にお下がりさせてもよいかどうか、迷っている人も見受けられました。

雛人形には厄を身代わりしてくれる厄祓いの意味があるので、古い雛人形を受け継ぐのではなく、1人に1セット、新しい雛人形を持つのが良いとされています。

でも、大切な雛人形だからこそ、娘にも受け継ぎたいという人もいます。最終的には「気にするか・しないか」。祖母の代から雛人形を受け継いでいるという人もいました。