桃の節句とは?雛祭りとの関係をわかりやすく説明!

雛祭りと桃の節句の関係は?

雛人形の写真。ぼんぼりとお内裏さま、お雛さま、桃の花が写っている3月3日は雛祭り。女の子の健やかな成長を祝うお祭りの日です。

雛祭りは桃の節句ともいいますが、どうして別名があるのでしょう?

知っていそうで意外と知らない、雛祭りと桃の節句の関係について紹介します。

スポンサーリンク

雛祭りの起源は、中国の厄祓い行事「上巳節」

渓流の写真。きれいな水が岩場を流れている日本の年中行事の多くは、古代中国文化の影響を受けています。雛祭りも、そのひとつ。

雛祭りの原型は、中国の「上巳節(じょうしせつ)」という行事です。上巳節は、川や水辺で身を清める厄祓いの行事で、中国では3月の巳の日に、これを行う習わしがありました。この風習が遣唐使によって、日本に伝えられたのです。

この行事が後に、当時日本で盛んだった「ひいな遊び」という人形遊びと結びつきます。「ひいな」とは小さくて可愛らしいものを意味する言葉で、平安貴族の子どもたちの間で、小さな人形遊びが流行していました。

平安時代の宮中でこの人形と厄祓いの行事が結びつき、「上巳の祓い」や「曲水の宴」として、人形に罪や穢れを託して水に流し、厄祓いする風習が生まれました。

これが、日本の雛祭りの起源です。今でも、一部の地域には川に雛人形を流す「流し雛」の風習がありますが、これはその当時の名残です。

源氏物語の中でも、貴族たちが流し雛で息災を祈る場面が描かれており、平安貴族たちの間で一般的に「上巳の祓い」が行われていたことがうかがえます。

スポンサーリンク

江戸幕府により、3月3日の節句が定められる

上巳節は日本の文化に定着し、江戸時代に3月3日が正式に桃の節句として定められました。5月5日が端午の節句として定められたのも、この時です。

正式には「上巳の節句」と言いますが、ちょうど桃の花が咲く季節だった(※)こと、桃は邪気を払う力があると信じられていたことから、「桃の節句」の別名で親しまれるようになりました。

※この3日3日は旧暦の3月3日を指すため、現代の新暦とは少し時期がずれます。

雛人形を飾る風習が一般化、流す人形から飾る人形へ

雛人形の写真。十二単を着て扇を手にした女雛時代が進むにつれて人形作りの技術が発展したこともあり、雛人形は流すものから飾って楽しむ、鑑賞物としても価値のあるものへと変化していきました。

江戸時代初期に、京都の御所で盛大な「ひなまつり」が開催されて以降、雛人形文化は武家社会や庶民にも広く認知され、雛人形を飾るという風習が一般化していきます。

人々は、家の財力を示すステータスとしての雛人形作りに熱中するようになり、人形の豪華さを競いました。その人気はすさまじく、江戸幕府が人形の大きさを規制して、人々の浪費を抑えようとしたほど!

厄を水に流すというもともとの起源から、雛人形を飾るという点にフォーカスした「雛祭り」という認識が強まったのも、この頃です。

しかし、規制をしてもなお、雛人形人気が衰えることはありませんでした。今度はこの規制を逆手に取って、小さくても精緻で美しい人形を作る技術が発展していったのです。今日の繊細な雛人形の姿は、この時の規制のおかげと言えなくもないわけですね。