入学祝いのお金は新札・ピン札を使うべき?正しいマナーとその理由

入学祝いは新札を贈るのがマナー。その理由は…?

たくさんの1万円札が扇状に広げられている写真親戚の子供に贈る入学祝い。お金をのし袋に包むところで、はたとピン札を使うべきか迷ったりはしていませんか?

日本の慶事・弔事は、お札の向きやら、のし袋の種類やら、細かい決まり事が多くてややこしいですよね。

入学祝いに贈るお金は、新札(もしくはピン札)で贈るのが正しいマナー。これにはちゃんと理由があります。

マナーの背景にある理由がわかれば、ややこしいマナーも覚えやすくなりますよ。入学祝いに新札を使う理由や、新札を用意する方法について紹介します。

スポンサーリンク

お祝い事は新札、不幸のあった時は旧札を使うのがマナー

入学祝いをはじめ、結婚式などのお祝い事でお金を贈る時は、新札を使うのが正しいマナー。

ギフトに中古品を贈ることをしないのと同じで、新しいお札を用意して、おめでたい出来事をお祝いします。

逆に、お葬式のお悔やみなど、不幸な出来事の場合には、新札は使いません。

新札はいつでもあるものではなく、事前に準備しないと手に入りませんよね。ですから、新札を贈ると、「あらかじめ不幸があるのを待ちかまえて準備していた」という意味になってしまうのです。

良い出来事なら、お祝いの準備をして待っていてもかまいませんが、悪い出来事は、できれば起こって欲しくないもの。

それでも起こってしまった場合には、とにかく急いで駆けつけてお悔やみするという意味も込めて、旧札(ピン札ではないお札)を使用します。

入学祝いに使うのし袋の種類や包み方を知りたい方はこちら≫

スポンサーリンク

入学祝い用の新札はどこで用意すればいい?

銀行の外観のイラスト新札を用意するのに一番確実なのは銀行での両替です。銀行窓口にお札を持っていけば、新札に交換してくれます。

もしくは、銀行のATMコーナーにある両替専用のATMに1万円を入れて1万円を引き出すと、新札が出てきます。

郵便局の窓口でも新札交換は対応してくれますが、店舗によっては用意のないこともあるので、銀行と郵便局なら、銀行に先に行くのがおすすめです。

ただし、銀行窓口と両替ATMが使えるのは銀行の営業時間のみ。土日は休みですし、平日も15時には閉まってしまうのが困りもの。

もう時間がない!土日しか動けない!という時は…

結婚式場のあるホテルでは、高確率でご祝儀用の新札の用意があります。宴会場のある大きなホテルへ行き、フロントやレストランでの会計時に相談すれば、新札に交換してくれる可能性があります。

また、完全に運頼みにはなりますが、コンビニのATMは省スペースにたくさんのお金を入れるため、新札率が高いと言われています。

コンビニATMで何度かお金を引き出すと、新札やきれいなお札が出てくる可能性があります。どうしても切羽詰まった時には、試してみてもいいかもしれません。

最後の荒業は、比較的きれいなお札を水で濡らし、タオルの上から低温でアイロンをかけるか、窓ガラスやテーブルなどの平らな場所に貼り付けて乾かすという方法。

新札そのものほどピン!とはなりませんが、丁寧に伸ばせば、かなりきれいな状態には持っていけます。1枚だけだと失敗することがあるので、きれいなお札を何枚か選んで試してみましょう。

でも、入学祝いは贈る期日が決まっているものではないので、できれば銀行で新札を用意するのがベスト。郵送直前で慌てないように、余裕を持って準備しておきたいですね。