お盆にお供えする花の種類は?仏前や仏花にダメな花とは

お盆にお供えする花の種類は?

お盆にお供えする花の種類は?菊以外の花でもいい?

お盆でお墓や仏前にお供えする花に、種類や決まりはあるのでしょうか?

お盆にお供えする花の種類とマナーについて紹介します。

スポンサーリンク

仏花にタブーやダメな花はある?

お盆のお供えの花に、絶対に使ってはいけない花というのは基本的にありません。

仏教の教えには、仏花に使用する花の種類や色の指定はないのです。

参考までに、蘇悉地経(そしつじきょう)という仏教の経典では、次のような花は供養に向かないとはしています。

  • 臭い花
  • トゲがあって木に咲く花
  • 苦味や辛味のある花
  • 黒い花
  • ムクゲの花

ただ、こうした花は普通に考えてお供えには選ばないですし、お店でも売っていませんね(^_^;)

前述の蘇悉地経で「この花はダメ」と名指しで指定しているのはムクゲの花くらいなのですが、トゲがあって木に咲く花というと、バラは微妙なラインかもしれません。

また、現在の世間一般の認識として、以下の特徴を持つ花は避けられる傾向があります。

  • トゲのある花(バラ、アザミなど)
  • 毒のある花(水仙、すずらん、あじさいなど)
  • 蔓のある花(萩など)

これらをお供えに使うのは、仏教的に絶対NGというわけではありません。

けれど、特にバラの花などはトゲに加え赤色のイメージが強く血を連想させるため、お供えにはふさわしくないと考える人が多い花。

トゲ・毒・蔓の3種に関しては、故人が好きだったなどの特別な理由がなければ、あえて選ぶ必要もないと思われます。

バラの花に関しては、トゲをすべて取って飾ること、墓前や仏前の仏花用の花瓶ではなく、別の花瓶に活けて飾ることをおすすめしているお寺もあります。

スポンサーリンク

お盆で仏前に供える花と仏花の選び方

仏前にお供えする花というと菊のイメージが強いですが、特に仏教の教えで菊が良いとされているわけではありません。

皇室の家紋である、年間を通して安価で買いやすい、花持ちが良いといった理由から、日本では菊が仏花として定着しただけ。

仏花の種類自体には特に決まりはありませんし、色も白に限らず、好きな色でかまいません。

 

とはいえ、何か基準がないと選びにくいですね。

ここからは、お盆のお供えにおすすめのお花の種類と、仏花の組み方についてお伝えします。

 

お盆のお供え用として人気の花の種類は、菊、カーネーション、ユリ、トルコキキョウ、リンドウなど。

いずれも花持ちが良く、白、ピンク、紫などの色合いも落ち着きがあって仏事向き。

アレンジメントとして室内や御仏前に飾る用におすすめの花たちです。

お墓や仏壇に供える仏花は、3本、5本、7本などの奇数の花束を2組用意します。

お墓や仏壇には、左右それぞれに花瓶がありますよね。

仏花は2束を一対として、左右に同じ花を飾るのです。

 

ここでも使用する花の種類に決まりはありませんが、一般的には菊を中心に、五色という仏教の教えを表す色を意識して組み合わせます。

五色とは青(緑で代用)・黄色・赤・白・黒(紫で代用)のこと。

それぞれの色が、お釈迦さまの身体の一部分と教えを象徴しています。

 

お花屋さんやスーパーで売られている仏花を見ると、この5色をベースとした組み合わせになっていることに気付くはず。

白と黄色の菊に、ピンクと紫の小花が組み合わされていませんか?

お盆のお墓参りや仏前の花の種類を自分で選びたい場合は、参考にしてみてくださいね。

お盆のお供えの花の種類に関するまとめ

  • お盆の花の種類には特に明確な決まりはない
  • 仏花は菊以外の種類でもかまわない
  • 一般的に、トゲのある花、毒のある花、蔓に咲く花は避ける
  • 墓前や仏壇に供える仏花は、同じものを2束用意して左右の花瓶に活ける
  • 仏花に使用する花の色は、仏教の教えを表す五色を意識するとよい
  • 五色とは、青(緑で代用)・黄色・赤・白・黒(紫で代用)のこと

仏花=菊のイメージですが、実は絶対的なものではないというのは、意外に感じた人も多いのではないでしょうか。

けっこう自由に選んでいいものなんですね。

お供えの花というと地味になりがちですが、毎年ご先祖さまをお迎えするお盆なら、明るい色合いの花でおもてなしするのもありかな、と思います^^

参考書籍)
仏教語大辞典(小学館)
入社1年目ビジネスマナーの教科書(プレジデント社)
葬儀・法要・相続・お墓の事典(西東社)