お盆のお供えは食べるか捨てるか?墓参りは持ち帰りが正しいマナー?

お盆のお供えは食べるもの?

お盆の仏壇や墓参りのお供え物 食べると捨てる、どちらが正解?

お盆にお墓や仏前にお供えしたお供え物は食べるのか、捨てて処分するのか?

意外に迷ってしまう、お盆のお供え後の正しいマナーを紹介します。

スポンサーリンク

お盆のお供えを捨てるのはNG

お盆のお供え物は、捨てずに食べるのが正解。

お供え物を食べるなんて、なんだか不謹慎な感じがして、抵抗がある人もいるかもしれません。

でも、仏さまにお供えした食べ物は、下げていただくまでが供養なのです。

これを「お下がり」といい、仏教だけでなく神道にも同じ概念があります。

そもそも、食事の前に言う「いただきます」は、神仏からのお下がりをいただくというのが言葉の由来。

自分で買ったり作ったりした食べ物も、仏さまにお供えしてから下げることで、仏さまからいただいたものになります。

お下がりをいただくことで仏さまとつながり、日々の感謝の気持ちをを感じることができるんですね。

 

ですから、お供え物を食べるのは悪いどころか、むしろそうすべきこと。

お菓子や果物などは、悪くならないうちに、家族みんなで分けて食べてください。

食事をお供えした場合は、湯気がなくなったら下げて自分たちでいただきます。

仏さまは食事そのものではなく、湯気を召し上がるとされているからです。

 

お供えした後は、下げて食べるまでが供養。

お盆では、ご先祖さまが好きだったものをお供えすることも多いと思いますから、一緒にその味を楽しむつもりで、ご先祖さまを身近に感じながらいただきましょう。

スポンサーリンク

墓参りのお供え物は持ち帰りが正しいマナー

お墓参りでお供えした食べ物も、置きっぱなしにする人が多いと思いますが、本当は持ち帰っていただくもの。

置いていったお供え物はお寺さんが処分してくれていますが、
カラスや猫に荒らされたり、果物は腐ってしまったりと、衛生上もよくありません。

お墓参りが終わったら、お供えしたお菓子や果物は持ち帰り、みんなで食べるようにしましょう。

お盆のお供え物の後始末に関するまとめ

  • お盆のお供え物は捨てずに食べる
  • お供え物を食べることをお下がりといい、これも供養の一部
  • 仏さまは湯気を召し上がるので、食事は湯気が出なくなったら下げる
  • 仏前だけでなく、お墓参りのお供えも持ち帰って食べる

同じお菓子や果物でも、普通に買って食べるより、一度お供えしてからお下がりすると、ありがたみが違う感じがします。

仏教でも神道でも、お下がりの概念は共通というのも面白いですよね。

それに、ただ「食べ物を粗末にしてはいけない」と言われるより、「神仏から授けていただいたものだから、ありがたくいただこう」と言われたほうが納得できる気もします。

お盆はご先祖さまに感謝して供養をする行事ですが、お供え物を食べることを通じて、お供え物を買った人へ、作った人へ、こうしてご飯を食べられることへ…と、より感謝の幅が広がるように感じます。

参考書籍)
冠婚葬祭・おつきあいのQ&A(主婦の友社)
冠婚葬祭第2巻 葬儀と供養(保育社)
親子でまなぶ 季節行事とマナーの基本(マイナビ出版)
心と体が最強になる禅の食(河出書房新社)
子どもと楽しむ 日本びっくり雑学500(西東社)