お盆とはいつからいつまで?お盆の期間は8月のこの日!

お盆の正確な時期は、何日から何日まで?

ろうそくの明かりを背景に菊の花が活けられている写真毎年8月はお盆の時期。

一般的に8月15日前後はお盆期間で、お盆休みになる会社やお店が多いですよね。夏休みを取る人も多いでしょう。

でも、お盆の正確な時期を問われると、自信がない人も少なくないはず。

お盆って正確にはいつからいつまで?
お盆の日にちは毎年同じ?
お盆は全国どこでも同じ時期?

聞かれてみると意外と曖昧な、お盆の時期と期間について説明します。

スポンサーリンク

お盆は8月13日~16日までの4日間

灯篭流しの写真一般的に、お盆と呼ばれるのは8月13日~16日までの4日間。お盆の時期は毎年固定で、日付は常に13日から16日までと決まっています。

8月13日はお盆の入りで、夕方から迎え火を焚いてご先祖さまをお迎えします。ナスやキュウリの馬を作ったことのある人もいるのでは?

8月16日はお盆の明けで、今度は送り火を焚いてご先祖さまをお見送りする日。灯篭流しを行ったり、山で盛大に送り火を焚く地域もあります。

盆踊りの「盆」はお盆の「盆」ですから、盆踊り大会が行われるのも、このお盆の時期。一般的には8月16日に踊るものとされていますが、曜日の関係で前後することも多いようです。

スポンサーリンク

東京のお盆は8月ではなく、7月!

全国的にはお盆は8月ですが、東京など一部の地域では7月がお盆。

東京では、世間がお盆に入る1ヶ月前にはお墓参りを済ませてしまいます。地方から東京に来た人にとっては「え、まだ7月なのにもうお盆の墓参り?」と違和感を感じるでしょう。

ただ、お盆休みや夏休みは全国的なお盆期間に合わせており、東京であっても8月15日前後に取るのが一般的。

東京は地方出身者が多く集まりますし、日本全体では7月にお盆を行うほうが圧倒的に少数派ですからね。

お盆が8月ではない地域があるのは、なぜ?

手帳のカレンダーページの写真東京だけお盆が7月なのには、旧暦から新暦への移行が関係しています。

明治6年に日本の暦が旧暦から新暦に改定され、年中行事の時期にも、それによるズレが生じました。

実は、私たちが現在使っている新暦では、お盆は本来7月になるはずだったのです。

でも、新暦の7月は農業の繁忙期や大きな夏祭りが多い時期であるため、お盆まで対応しきれない地方では浸透せず、旧暦の7月である現在の8月のままで定着したのです。

その結果、東京をはじめとする都市部でのみ、7月にお盆を行うようになりました。

新暦が浸透しなかった沖縄では、今でも旧暦でお盆を行っています。旧暦は1年が平均354日で、年によっては384日あるなど1年間の日数がまちまちです。

1年間が365日と決まっている新暦とはズレが生じるため、沖縄のお盆は毎年時期が変わります。

沖縄のお盆は旧盆と呼ばれ、お正月と同じくらいの一大行事。一般的なお盆とは異なるので、初めて沖縄のお盆を体験すると、驚いてしまうかもしれません。