おせち料理の献立の由来。料理ひとつひとつに意味がある!

知ってびっくり!おせち料理の由来と意味

彩り豊かなおせち料理の写真お正月と言えば、おせち料理。

伝統的なおせち料理には、お重や献立のひとつひとつに、幸せや健康を願う意味が込められています。

何も知らずに食べるより、意味を知っていただくほうが、なんだか良いことも起こりそうな気がしませんか?

おせち料理を食べる時に知っておきたい、おせち料理の意味をまとめました。

スポンサーリンク

おせち料理の重箱にだって、意味がある!

おせち料理は、重箱に盛りつけしますよね。実はこれにも意味があり、お重を重ねることで、良いことが重なるようにという意味があります。

見栄えが豪華だから、これが伝統だからというだけではなかったんですね。おせち料理全体が、新年の幸せを祈る、お祈りの形になっていたというわけです。

では、重箱に盛り付ける献立には、どんな意味が込められているのかも見ていきましょう!

スポンサーリンク

おせち料理の意味 … 海老

おせち料理の中でもひときわ目立つ赤い海老。海老はヒゲが長く、腰が曲がっていることから、長寿の象徴とされています。

おせち料理の意味 … 栗きんとん

黄金の団子を表す金団(きんとん)の色と言葉にかけて、富を蓄え、豊かになるように願う献立です。金運アップや仕事運アップしたい人は、栗きんとんを食べるといいかも!?

おせち料理の意味 … レンコン

レンコンの穴から、将来の見通しが良くなるように、より良い未来が見えるようにとの縁起をかついだ献立。花の形に飾り切りしたレンコンは、”花の後に実がつく”ことから、より縁起が良いとされています。

おせち料理の意味 … 黒豆

肌が黒く焼けるくらいに、マメによく働き、マメに暮らせる(元気に暮らせる)ようにという意味が込められています。

おせち料理の意味 … 昆布巻き

こぶまきの「こぶ」は「よろこぶ」と、子供を産むという意味の「子生婦(こんぶ)」の音につながることから、子孫繁栄を祈る献立です。

おせち料理の意味 … 伊達巻き

昔は大切な文書は巻物にしていたことから、おせち料理のような縁起物の料理では、巻いた形の料理が多く登場します。くるりと巻いた伊達巻きの形には、家族で力を合わせるという、家庭円満の意味も。

また、反物(たんもの)のような見た目から、着るものに困らない、良い暮らしができるようにという意味もあります。

以上、代表的なおせち料理の献立の由来を説明しました。

意味がわかると、一口一口がありがたく感じられそうですよね。

この料理はどんな意味だっけ、今年はこれを頑張りたいからこれを食べよう、などと考えながらいただくと、おせち料理を食べるのがもっと楽しくなるかもしれません。

ぜひ、家族みんなで楽しくおせち料理を囲んでくださいね。