本命チョコにもおすすめ!王室御用達のチョコレートブランド5選

大切なあの人へのバレンタインギフトは、王室御用達の高級ブランドチョコレートで!

ヨーロッパの王宮の内観写真大切なあの人へのバレンタインギフトで迷っているなら、王室御用達のブランドチョコレートなんていかがでしょう?

ヨーロッパの王宮で愛された歴史と伝統のある品なら、絶対に失敗したくない本命チョコレートにも最適です。

男性は薀蓄が好きなので、王室御用達ブランドと聞けば、一層喜んでくれるかも!

バレンタインギフトや本命チョコにおすすめの、王室御用達チョコレートブランドを紹介します。

スポンサーリンク

王室御用達のチョコレートブランド(1)
ウィーン王室御用達 デメル

まずはウィーン王室御用達のデメル。女性なら、可愛らしい猫のイラストに見覚えがある人もいるかもしれませんね。

デメルは、「デメルを訪れずしてウィーンを語るなかれ」とまで言われる、オーストリアの老舗洋菓子店。

その濃厚かつ気品ある味わいは、ハプスブルク家のフランツ・ヨーゼフ一世や、美貌で知られる彼の王妃エリザベートなど、数々の王宮の麗人を虜にしてきました。

高級感の中にも愛らしさのあるパッケージは、本命チョコとしての好感度も抜群です。

<デメル>ソリッドチョコ 猫ラベル ミルク

<デメル>ソリッドチョコ 猫ラベル ミルク
価格:1,944円(税込、送料別)

スポンサーリンク

王室御用達のチョコレートブランド(2)
デンマーク王室御用達 アンソンバーグ

お酒好きの男性へのギフトにおすすめしたいのが、デンマーク王室御用達ブランドのアンソンバーグ。

110年以上の歴史を持つチョコレートブランドで、お酒のボトルをかたどったリカーチョコレートが有名です。

ブランデーやリキュールの銘酒を、ボトルごと小さくしたようなチョコレートは、見るのも食べるのも楽しい逸品。こんなチョコレートあったんだ!というサプライズも演出できます。

王室御用達のチョコレートブランド(3)
イギリス王室御用達 シャルボネル・エ・ウォーカー

シャルボネル・エ・ウォーカーは、1875年に英国皇太子の後援で創業した、伝統あるチョコレートショップ。現在に至るまで、バッキンガム宮殿にチョコレートを納め続けています。

シャンパンを練り込んだシャルボネルのトリュフチョコレートは、大切な人と一緒にワイングラスを傾けたくなるような、大人の味わい。

シンプルながら高級感あふれるパッケージも美しく、正統派の本命チョコレートとしておすすめです。恋人へのバレンタインギフトなら、ワインを1本添えて一緒に楽しんでもいいですね。

王室御用達のチョコレートブランド(4)
ベルギー王室御用達 ガレー

異彩のパティシエ、ジャン・ガレーが創業したベルギー王室御用達のチョコレートブランド、ガレー。

シンプルな見た目のチョコレートが多いガレーですが、素材と味へのこだわりは半端ではありません。

とろけるような口どけのピュアカカオバターを使用し、一般のチョコレートに使われることの多い植物性油脂や添加物、人工着色料は一切使用しないというこだわりぶり。

見た目やデザインより、質で勝負したいあなたにおすすめのチョコレートギフトです。

王室御用達のチョコレートブランド(5)
スペイン王室御用達 カカオサンパカ

スペインはバルセロナ生まれのチョコレートブランド、カカオサンパカ。

ブランド名にカカオを冠していることからもわかるように、カカオ豆に対する並々ならぬこだわりが特徴です。

それもそのはず、アステカ帝国からヨーロッパへ、初めてカカオ豆を持ち込んだのは他ならぬスペイン。ヨーロッパのチョコレートの歴史は、スペインあってのものだったんですね。

そんなカカオサンパカのチョコレートは、産地や品種別のラインナップが豊富。ワインのお気に入りを選ぶようにカカオ豆の品種を選べる、チョコレート好きにはたまらないブランドです。