初節句の食事会で手土産はどうする?のしや渡すタイミングも

初節句の食事会に手土産は必要?

風呂敷包みの写真初節句に実家や義実家を招待して食事会をする時、手土産を用意するかどうか迷いますよね。

特に雛人形を買ってもらった場合や、お祝いのお金を包んでいただいた場合。

実家ならともかく、相手が義両親だと嫁的に余計に悩むところ…

初節句の食事会の手土産はどうするのが正しいマナーなのか調べてみました。

スポンサーリンク

初節句の食事会では基本的に手土産は不要

初節句の食事会では、基本的に手土産の用意は必要ありません。

理由は、食事会の席に招待すること自体がお祝いのお返しになるため。

仮に高額のお祝いをいただいていた場合でも、手土産を渡さないことは失礼やマナー違反にはあたりません。

 

ただ、雛人形や五月人形ってかなり高額ですし、実家や義実家を遠方から招いた場合などは、手ぶらで迎えるのも忍びないですよね。

「お返し不要とは言われても、やっぱり手土産がないと落ち着かない!気が済まない…!」

という場合は、もちろん感謝の気持ちとして手土産を用意してもかまいません。

では、手土産には何を用意すればいいのか?

 

通常、初節句のお祝いのお返しは半返し(いただいた金額の半額)がマナーとされますが、食事会の手土産の場合は、そもそもお返し不要が正しいマナーなので、それは該当しません。

つまり、用意する手土産の品物や金額の相場は特に決まっていないということですね。

会食もあるわけなので、来てもらった両親や義両親にも気を遣わせない程度で、3000円前後のお菓子などがよいのではと思います。

 

私が食事会を予約したレストランでは、慶事のお土産用として、お赤飯の折り詰め、紅白饅頭や和菓子の詰合せなどがありました。

ホテルや格式のあるお店であれば、こうしたお土産の用意があることも多いので、お店の方に聞いて食事会と一緒に予約しておくのも手です。

スポンサーリンク

初節句の手土産ののしの書き方

手土産を渡すと決めたら、次に気になるのは、のしの書き方。

まず、選ぶのし紙は紅白の蝶結びで熨斗(※)付きのもの。

※水引の右上にある御札のような飾り

表書きは「御礼」とし、名前は自分たちではなく子供の名前のみ(名字はなし)を書きます。

 

初節句のお祝いのお返しでは一般的に「内祝」の表書きを使いますが、身内に渡す品物の場合、内祝より「御礼」のほうが適しているようです。

もともと内祝いとは、内輪のお祝い事の喜びを、ご近所の方などにおすそ分けするという意味から始まったもの。

その意味でいくと、同じ家族として子供の成長を祝う実家や義実家に対して使うのは、少々他人行儀になってしまうわけです。

初節句のお返しののし書きについては、こちらの記事でも詳しく解説しています↓

初節句内祝いののし 表書きや名前の書き方»

食事会で手土産を渡すタイミング

手土産を渡すタイミングは、自分が客を迎える立場か、客として訪問する立場なのかによって違います。

 

会食の主催者としてお迎えする場合、手土産は帰り際に渡すのが良いとされています。

手土産をあらかじめお店に預けておき、食事が終わる頃にスタッフの方に持ってきていただくか、会計時に受け取って解散時や見送りの際に手渡すとスマート。

 

初節句の場合、自分たちが主催者であることのほうが多いと思いますが、実家や義実家が主催した食事会に招かれて訪問する、という立場なら、手土産を渡すのは食事が始まる前。

訪問の挨拶を終えたタイミングで手土産を渡すのがマナーとされています。

初節句のお祝いは基本的に身内で行うものなので、そう格式張らなくてもいいかとは思いますが、手土産を出すタイミングに迷っている場合は、参考にしてみてください。

初節句の食事会の手土産に関するまとめ

  • 初節句の食事会ではお返しは基本的に不要
  • 感謝の気持ちとして手土産を用意する時ののし紙は、紅白の蝶結びに熨斗付きのもの
  • 表書きは「御礼」とし、子供の名前だけを書く(名字は書かない)
  • 手土産を渡すタイミングは、自分たちが主催の場合、食事の後
  • 招かれて訪問する場合は訪問してすぐ、挨拶をした後に手土産を渡す

複数家族が参加する食事会って、最初がお土産交換会のようになることもあるので、招待した相手が持ってきているのにこちらが手ぶらでは…と、心配になりますよね。

手土産なしが落ち着かないのなら、食事会の写真を後日送るなどして、感謝の気持ちを表すのもいいと思います。

おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶのは、やっぱり孫の笑顔!

我が家は実家・義実家とも遠方なので、行事の折には写真を送っていますが、どんなお菓子やお酒より、写真が1番喜ばれます。

最近はスマホから写真を選ぶだけのフォトブックサービスが充実しているので、簡単にアルバムを送れて重宝しています。

まだ使ったことのない人は、よければチェックしてみてくださいね!

発送が早くて画質もキレイ!
おすすめのフォトブックサービスはこちら≫

参考)
冠婚葬祭贈答のお金マナー 表書き(主婦の友社)
冠婚葬祭 おつきあいとお金のマナー(西東社)
冠婚葬祭マナー大事典(学研パブリッシング)
イラストでよくわかる おとなの作法(彩図社)