初節句内祝いののし 表書きや名前の書き方

初節句の内祝い のしの書き方

蝶結びの水引が付いたのし袋と筆ペンの写真先日、義実家から初節句のお祝いをいただき、お返しとして内祝いを送ったのですが、のしの書き方に手間取ってしまいました。

てっきり表書きは「内祝」でいいだろうと思っていたのですが、義実家の場合はそうではないことも初めて知ったり…(^_^;)

初節句の内祝いを送る時の、のしの書き方について正しいマナーをまとめました。

スポンサーリンク

内祝いののしの表書き

内祝いで使用するのし紙は、紅白の蝶結びの水引で、熨斗(のし)付きのタイプ。

※熨斗とは、水引の右上にある御札のような飾りのことです。同じ紅白の水引でも、熨斗があるものとないものがあり、用途も違います。

 

蝶結びはほどけても何度でも結び直せるので、何度あっても嬉しい出来事に使います。

初節句のような嬉しい祝い事には、基本的に蝶結びが使われますよ。

 

表書きは「内祝」が基本ですが、実家や義実家の場合は「御礼」とします。

それというのも、内祝いとは本来、お礼やお返しという意味ではありません。

内輪の祝い事を周りの人とも分け合うというのが元々の意味合い。

そのため必ずしも返礼品としてのみ内祝いが使われるわけではなく、喜びのおすそ分けの意味で、お祝いをいただいていない人に自ら内祝いを渡す場合もあります。

 

そんな背景があるので、孫の初節句を自分たちと同じ”身内”の立場で祝うおじいちゃん・おばあちゃんの場合は、「内祝」より「御礼」の表書きのほうがふさわしいようです。

内祝としても間違いではないのでしょうが、意味がわかると、ちょっぴり他人行儀な感じもしてしまいますね。

実家・義実家以外の親戚や友人に送るのなら、迷わず「内祝」でOKです!

スポンサーリンク

内祝いののしは子供の名前で

表書きが決まったら、次は名前。

初節句のお祝いは子供にいただいたものなので、夫や自分ではなく、子供の名前でお返しを贈ります。

のし紙には、子供の名前を入れましょう。

 

名字を入れるかどうかはちょっと迷ったところで、義実家へのお返しの表書きの書き方というドンピシャな解説が見つからなかったのですが…

出産、お宮参り、七五三など、子供にいただいたご祝儀のお返しで内祝いを送る場合、名字は書かず子供の名前だけを書くのがマナーであることを考え、名前だけにしました。

というわけで、義実家へのお返しに付けるのしは、こんな表書きになりました。

義両親への内祝いを贈る時ののしの書き方を示した図解

初節句の内祝いののしの書き方まとめ

初節句のお返しに送る、内祝いののしの書き方まとめです。

  • のし紙は紅白の蝶結び、熨斗付きのタイプ
  • 実家・義実家への内祝いなら表書きは「御礼」
  • それ以外の人なら表書きは「内祝」
  • のし紙には子供の名前を入れる

お祝い事やお返しのマナーは、ネットで調べてみても人によって言うことが違っていたりして、いつも判断に迷います。。

子供が生まれてからお祝いをいただく機会が増えたこともあって、我が家ではマナー本のストックがずいぶん増えました(^_^;)

同じように迷っている方の参考になれば幸いです。

参考)
お礼の手紙・はがき きちんとマナーハンドブック(主婦の友社)
冠婚葬祭・おつきあいのQ&A(主婦の友社)
冠婚葬祭贈答のお金マナー表書き(主婦の友社)