初節句のお祝いのお返しは?義実家への内祝いやお菓子のマナー

義実家への初節句のお返しって必要?

御祝と書かれたご祝儀袋の写真子供の初節句のお祝いに、義両親から3万円ほどお金を包んでいただきました。

ネットを見ていると、

初節句のお祝いは子供へのお祝いなので、まだ経済力のない子供からお返しをする必要はない。

身内でのお祝いなのでお返しは不要。

という意見も見られます。

でも決して少ない額ではないし、もらいっぱなしで何もしないのも、嫁の立場としてなんだかバツが悪い…。

お返し不要というのも、本当にそうなのかな?義両親に失礼だと思われないかな?

というわけで、初節句に義両親からお祝いといただいた場合のお返しのマナーについて、複数のマナー本を読んで調べてみました。

スポンサーリンク

初節句のお祝いにお返しは必要?

初節句のお祝いのお返しは、義両親をお祝いの席に招いたかどうかで違います。

  • お祝いの席に招待した場合→基本的に不要
  • お祝いに呼ばない場合→いただいた金額の半分を内祝いとしてお返しする

お祝いの席に招待して一緒に初節句を祝った場合、基本的にはお返しは必要ありません。

ただ、マナー本の中にはお土産として節句菓子(柏餅やちまき、桜餅など)を渡すとするものもありました。

いただいた金額が大きい場合や、遠方から義両親に来てもらった場合は、感謝の気持ちとしてお菓子をお渡しするのもいいのではと思います。

我が家のように、特に一緒にお祝いや会食をする予定がない場合には、いわゆる半返しがマナーとのこと。

1万円なら5000円、2万円なら1万円というように、いただいた金額の半分程度の品物を、内祝いとして送ります。

では、義実家に初節句のお祝いのお返しを送る時は、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

次は、内祝いの贈答マナーについて見ていきます。

スポンサーリンク

初節句で義実家に内祝いを送る時のマナー

初節句の内祝いは、自分や夫の名前ではなく、子供の名前で送ります。

子供にいただいたご祝儀ですから、子供本人の名前でお返しするわけですね。

のしは、紅白の蝶結びで熨斗(のし)付きのもの。

※熨斗とは、のしの右上に付いている御札のような飾りのことです。

表書きは「御礼」とします。

一般的な内祝いの表書きは「内祝」ですが、内祝いとは本来、お返しという意味ではなく、内輪の祝い事を周囲の方にお披露目し、喜びをおすそ分けするという意味。

これはネットには載っておらず書籍には書いてあったのですが、義実家の場合は自分たちと同じ側の身内なので、内祝ではなく「御礼」の表書きを使用するのが、マナーとしてより適当だそうです。

義両親への内祝いを贈る時ののしの書き方を示した図解

ちなみに、蝶結びはほどけても何度でも結び直せることから、何回あっても良い祝い事に使います。

結び切りは一度しか結べないので、何度もあって欲しくない(一度で終わって欲しい)弔事に使用。

贈答用ののし紙のマナーってややこしいですが、意味がわかるとちょっと覚えやすくなりますね。

お返しを送るタイミングは、初節句のお祝いから1週間以内。

忘れないよう、お祝いを貰ってすぐに送るのもいいですが、初節句が終わってから孫の写真と一緒に送るのも喜ばれるんじゃないかと思います。

初節句のお返しにおすすめのお菓子

内祝いの定番は、やっぱりお菓子。

節句菓子なら柏餅や桜餅になりますが、日持ちしないので贈答用にはいまひとつ。

個人的には、初節句ムードを感じられる、目で見ても華やかなお菓子が良いのではと思います。

お祝い気分のおすそ分け的な感じがしていいかなと。

初節句のお返しの品物に特に決まりはないのでタオルや商品券でもいいですが、受け取って楽しさがある品物ではないし、ちょっと味気ないかな?と感じてしまって。

その観点で探してみて、私が良いな~と思って決めたのは、山田平安堂という漆器屋さんの和菓子ギフト。

とっても上品なしつらえで、何かと気を遣う義実家への贈り物としても自信を持って贈れます♪

私が実際に内祝いに使ったのは、こちらのお重に入った和菓子の詰合せで6000円。

季節限定貧品として鯉のぼりデザインと雛人形デザインのバージョンもあり、内祝いのお返しに使ったというレビューもたくさんありました。

本来は半返しなので15000円なのですが、15000円分のお菓子ってすごい量になってしまうし、逆に気を使わせてしまうかもしれないので…

内祝いのお菓子の他に、初節句の写真をまとめたミニアルバムを送ってお返しにさせてもらいました。

義実家が遠方で直接会えるのは年に1~2回しかないので、お菓子よりも、むしろ孫の写真のほうが喜んでもらえた感じでした♪

もし半返しにこだわるなら、金額がはっきりした商品券やカタログギフトを使う手もあります。

でも、初節句のお返しは、あくまでも身内の話。

普段良いお付き合いができている義実家なら、お返しの金額自体にはそこまでこだわらなくていいんじゃないかな~というのが個人的な考えです。

3000円くらいのお菓子でも、品物によっては十分豪華ですよね。

マナーって「絶対こうしなきゃいけない」という決まりではなく、相手を不快にさせないための暗黙の了解みたいなものだと私は思っています。

なので、あまり見かけない珍しいお菓子を送ってみたり、孫の写真や手紙を添えてみたり。

そんな工夫で気持ちが伝わること、喜んでもらえることを第一に内祝いを選べばいいのではないでしょうか。

初節句のお祝いのお返しに関するまとめ

義実家への初節句のお祝いのお返しについて、最後にもう一度まとめます。

  • お祝いの席に招待した場合、お返しは不要
  • 義両親を呼ばずにお祝いした場合、いただいたお金の半額をお返しするのが一般的なマナー
  • お返しの品物は内祝いとして送る
  • のし紙は、紅白の蝶結びで熨斗付き
  • のし書きは「内祝」とし、名前は自分や夫ではなく子供の名前を書く

我が家は義両親を招待せずに初節句をしたので、いただいたご祝儀のお返しとしてお菓子と写真を送りました。

地域や家庭によって違いはあるかと思いますが、一般的なマナーや実例として、初節句のお返しで迷っている方の参考になれば幸いです!

参考)
冠婚葬祭 おつきあいとお金のマナー(西東社)
マナー大事典(西東社)
冠婚葬祭お金とマナー大事典(主婦の友社)
冠婚葬祭・おつきあいのQ&A(主婦の友社)