暑中見舞いの手紙の書き方は?書き出しと例文で今すぐ書ける!

暑中見舞いの手紙の書き方

暑中見舞いの手紙の書き方 正しいマナーと例文集

暑中見舞いは、比較的親しい間柄でやりとりする手紙であり、あまり形式にこだわらない近況報告として出す挨拶状です。

手紙としての構成にも明確な決まりはありませんが、一般的には次のような型にのっとって書きます。

  1. 書き出し
  2. 相手を見舞う言葉
  3. 近況報告
  4. 相手を気遣う言葉

では、具体的な例文を交えて、暑中見舞いの書き方を解説します。

スポンサーリンク

暑中見舞いの手紙の書き出し

暑中見舞いの手紙では、拝啓・敬具などの頭語・結語は使いません。

書き出しは

  • 暑中お見舞い申し上げます

の定例句を、本文より一回り大きな文字で書きます。

目上の人へ送る手紙の場合は、

  • 暑中御伺申し上げます

とすると、より丁寧です。

その後、暑さを見舞う言葉から本文を書き始めましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いの手紙の例文

先ほど紹介した流れに沿って書いた、暑中見舞いの例文を2つ紹介します。


暑中お見舞申し上げます

一段と暑さが厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで、こちらは家族全員つつがなく過ごしております。娘たちも独立し、夫婦2人の静かな生活ですが、この夏は孫たちと久々に賑やかな時間を楽しみました。

まだまだ寝苦しい日が続きそうですが、くれぐれもご自愛ください。

平成◯◯年 盛夏


暑中御伺い申し上げます

盛夏の折、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

日頃のご無沙汰、恐縮いたしておりますが、私ども一同、変わらず無事に暮らしております。

炎暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

平成◯◯年 盛夏

暑中見舞いでは、手紙に日付は書かず、「平成◯◯年 盛夏」とだけ書いて締めくくるのが一般的です。

以下に書き換え用の例文を掲載するので、相手やお好みで例文を差し替えて、暑中見舞い文を作ってみましょう。

最初にお伝えしたとおり、暑中見舞いは堅苦しい手紙ではないので、常識的な範囲であれば、多少くだけた表現を使っても問題はありません。

例文集では、くだけた文体から少しかしこまった文体まで用意していますが、あまり言葉遣いにこだわらず、あなた自身の自然な言葉で綴ってみてくださいね。

暑中見舞いで相手を見舞う例文
  • 連日の猛暑ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
  • ことのほか暑さの厳しい今日この頃、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
  • 梅雨明け早々に暑い日々が続きますが、皆さまお元気でしょうか。
  • 例年になく過ごしやすい夏ですね。皆さまお変わりなくお過ごしのことと存じます。
暑中見舞いの近況報告の例文
  • 早いもので、こちらに越してきてもうすぐ1年、ようやく新しい環境にも慣れてきたところです。
  • この夏は、退職後の趣味として始めた畑仕事に精を出しています。暑さは体に堪えますが、真っ赤なトマトを収穫できた時の喜びは格別です。
  • だいぶご無沙汰しておりますが、おかげさまでこちらは皆元気に過ごしております。
  • 久しくお目にかかっておらず心苦しく存じておりましたが、私どもは皆変わりなくこの夏を迎えております。
  • 盛んに聞こえてくる蝉の声に、今年も夏の訪れを感じながら過ごしております。
暑中見舞いで相手を気遣う言葉の例文
  • そちらの夏はさぞ暑いでしょう。熱中症など十分に気をつけて、楽しい夏を過ごしてくださいね。
  • 今年はとりわけ暑さが厳しくなるとのこと、お互い元気に夏を乗り切りましょう。
  • まだまだ暑さが続きそうですが、お体に気をつけてお過ごしください。
  • 相変わらずお忙しい毎日かと存じますが、どうぞご自愛ください。
  • ご家族の皆さまが健康に夏を過ごされますよう、お祈り申し上げます。
  • 酷暑の折から、皆さまのご壮健をお祈り申し上げます。

暑中見舞いの書き方まとめ

  • 暑中見舞いは、書き出し→相手を見舞う言葉→近況報告→相手を気遣う言葉の流れで書くとよい
  • 季節の挨拶として出す手紙であり、あまり形式にこだわる必要はない
  • 拝啓・敬具などの頭語・結語は使わない
  • 文面の最後は「平成◯◯年 盛夏」で終わらせる

参考書籍)
冠婚葬祭はじめてのマナー(主婦の友社)
手紙・はがき・一筆箋の書き方と文例集(主婦の友社)
すぐ役立つ手紙の書き方(法研)
冠婚葬祭マナー大事典(学研パブリッシング)
手紙・はがき・一筆箋の書き方(新星出版社)