七夕の由来、子供にわかりやすく説明しよう!1分でわかる七夕の由来

七夕って何?子供の素朴な疑問に答えよう!

天の川と彦星、織姫のイラスト7月7日は七夕。幼稚園や学校の行事で、竹に短冊を書いて吊るす姿があちこちで見られますね。

子供たちにとっても身近な行事である七夕ですが、その由来を聞かれた時、正しく答えられる自信はありますか…?

七夕って何?
どうして7月7日なの?

突然の質問にもうろたえないために、七夕の由来を説明できるようにしておきましょう!

スポンサーリンク

七夕は中国が起源の行事

日本の年中行事の多くは、中国から日本へ渡ってきたものです。七夕もそのひとつ。

彦星を牽牛(けんぎゅう)、織姫を織女(しゅくじょ)と言うことがありますが、これは中国オリジナル版ストーリーの名前。彦星と織姫は日本での2人の名前なんですね。

七夕の物語を忘れてしまった人は、こちらであらすじをチェック!≫

七夕の物語と行事は平安時代から日本にもありましたが、その頃は一部の貴族や上流階級のみで祝われていました。

現在のように七夕が年中行事として定められたのは、江戸時代。江戸幕府が定めた「五節句」のひとつとして制定されました。

幕府に定められた行事だったなんて、ちょっと意外な感じがしますね。

  1. 人日の節句、別名は七草粥の日、七草の節句
  2. 上巳の節句、別名は桃の節句、雛祭り
  3. 端午の節句、別名は子供の日、菖蒲の節句
  4. 七夕の節供、別名は七夕、笹の節句
  5. 重陽の節句、別名は菊の節句
スポンサーリンク

七夕が7月7日なのは、彦星と織姫の星が一番近づく時だから!

天の川の写真七夕が7月7日であるのにも、ただゴロが良いから…なんて理由ではなく、ちゃんとした理由があります。

彦星を表す星は、鷲座のアルタイル。織姫を表す星は、琴座のベガ。

この2つの星が1年のうちで最も近づいて見えるのが7月7日なのです。

彦星と織姫の1年に1回の逢瀬は、ただのお話ではなくて、実際に空の上で起こっていることだったんですね。

七夕で短冊に願い事を書く風習の由来

笹に付けられたたくさんの七夕の短冊の写真七夕が日本に伝わった頃は、短冊ではなく五色の糸を飾っていました。この五色とは、青(もしくは緑)・紅・黄・白・黒の5つの色のこと。

この五色は、中国の五行思想に基づいており、七夕以外の節句でも頻繁に目にするものです。例えば、こいのぼりの吹き流しもこの五色ですよね。

七夕物語では、機織りの達人である織姫が織った布は、美しい五色に輝くともされています。

この五色に染め分けた糸は、昔の日本では高級品。七夕が上流階級の宮中行事だった頃は糸を使っていましたが、江戸時代になって庶民の行事としても広がると、より手軽に入手できる紙の短冊へと代わっていきました。

江戸時代の寺子屋では、七夕になると男の子たちは手習い(習字)の上達を、女の子たちは織姫にあやかって手芸の上達を願いました。短冊に文字を書くこと自体も、手習いの良い練習でもあったのかもしれませんね。

もとはスキルアップを願っていた風習ですが、これが時代とともに「願い事を書く」習慣に転じていったとされています。

五色の糸を飾る習慣は、今では七夕祭りの大きな吹き流しにその名残が見られます。丸いボンボンにひらひらと揺らめく吹き流しを付けた七夕祭りの飾りは、織姫の織る五色の糸に由来したものです。

短冊を笹竹に吊るすのはなぜ?

竹林の写真七夕の風習は中国、台湾、韓国、ベトナムなどのアジア各国にありますが、笹に短冊を吊るすという風習は、日本独自のもの。他の国にはありません。

短冊を笹竹に吊るすようになったのは江戸時代からですが、なぜ笹竹なのかについては、あまりはっきりしていません。

虫を寄せ付けず生命力にあふれる笹竹が日本では古来から神聖なものとして扱われていたこと、天に向かってまっすぐ伸びる笹竹が、星にまで願いを届けてくれるイメージがあったからなどの諸説があります。

以上、七夕の由来をお届けしました。由来がわかると、より深くその行事を楽しめるようになりますね。

お子さんと一緒に短冊を作ったり願い事を書く時にも、由来を説明してあげると、「○○が欲しい」という願い事ではなくて、「○○が上達しますように」と、自ら頑張る意欲を高めてくれるような願い事を考えることができますよ。

由来を理解して、楽しく有意義な七夕を過ごしてくださいね!