運動会のお弁当箱とランチボックスでサーモスのおすすめは?

サーモスのお弁当箱で運動会用のおすすめは?

運動会のお弁当箱におすすめのサーモス製品を紹介します。

サーモスのお弁当箱でファミリー用のラインナップは、2740mlのランチボックスと、3920mlのランチボックスの2つ。

何人くらいの家族向きなのか、どんな特徴があるのか?

それぞれ紹介していきます。

スポンサーリンク

サーモスお弁当箱 3段 保冷バッグ付き(2740ml)

中容器2つと小容器2つと保冷バッグがセットになった、コンパクトサイズのランチボックス。

中容器には取り外しできる仕切りが付いています。

3~4人用と書いていますが、容量的には大人2人+保育園児・幼稚園児1人の3人家族でちょうどいいくらい。

子供2人でも使えなくはないサイズですが、少食の家族や乳幼児向き。

たくさん食べるご家庭だと、今後小さくなってしまう可能性も高いので、小学校の運動会でも使えることを見越して、ワンサイズ容量が大きい2段タイプのほうがいいかもしれません。

3段タイプを選ぶメリットは、お弁当箱の数が1つ多いこと。

汁気の出やすい果物などを小分けにできるので、お弁当にはいつもデザートや果物を入れるというご家庭には使いやすいと思います。

また、お弁当箱のフタはお皿として使えるデザインになっているので、計4枚のお皿が使えることもメリットです。

レッドとネイビーの2色から選べます。

このサーモスお弁当箱を楽天市場でチェックする≫

スポンサーリンク

サーモスお弁当箱 2段 保冷バッグ付き(3900ml)


大中小の3サイズのお弁当箱が1つずつと保冷バッグがセットになった、サーモスのファミリー向けランチボックス。

大きいサイズのお弁当箱が容量たっぷりで、4人家族が余裕を持って使えるサイズです。

保育園や幼稚園の3人家族なら、かなり余裕のあるサイズですが、小学校にあがったり兄弟が増えても長く使えるという理由で、コンパクトな3段サイズよりも人気があります。

子供が小さいうちは3つ全部使わず、大容器1つだけを使っているというご家庭も。お弁当箱が複数に分かれているので、人数や量に合わせて調整できるのが便利です。

大きいお弁当箱は7cmの深型で、おにぎりやロールパンなどの高さのあるメニューも形を崩さずに入れられます。

食べ終わった後は、大容器に中・小サイズをすっぽり収納して、荷物を小さくして帰れるのも人気の理由。

保育園・幼稚園から小学校まで、長く活躍できるおすすめのお弁当箱です。

こちらもカラーはレッドとネイビーの2色から選べます。

なお、以前販売されていあtレッドチェック、ブルーボーダーは廃盤生産終了。ショップによってはまだ扱いがあるので、カラーが気に入った場合はお早めの注文を。

このサーモスお弁当箱を楽天市場でチェック≫