ハロウィン=西洋のお盆!?日本人が知らない、ハロウィンの本当の意味とは

意外と知らない、ハロウィンって何のお祭り?どこのお祭り?

満月にお城とかぼちゃのシルエットが浮かぶハロウィンの夜のイラスト年中行事のひとつとして、日本でもすっかり定着した感のあるハロウィン。

毎年10月になると、オレンジと紫のデコレーションが街を飾ります。顔の付いたカボチャ、ジャック・オ・ランタンもおなじみですね。

日本人にも身近なイベントになってきたハロウィンですが、その知名度に反して、由来はあまり知られていません。

ハロウィンって、どこの国のお祭り?
ハロウィンをする意味は?

意外と知らない、ハロウィンの由来と意味を紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンの起源はケルトのお祭り

ハロウィンの魔女の仮装をした女性の後ろ姿の写真アメリカのイベントだとも思われがちなハロウィンですが、実は起源はケルト。

ハロウィンの発祥はヨーロッパに住んでいた古代ケルト人のお祭りで、移民とともにヨーロッパ・アメリカに広く定着しました。

ケルト人は10月31日を1年の終わりとしていて、31日の夜には死者の魂がこの世へ戻ってくるとされていました。

そこで1年の収穫を祝うとともに、死者の霊を弔ったのがハロウィンの起源です。死者の魂が帰ってくるという点は、日本のお盆とよく似ていますよね。

けれど、お盆と違うのは、ハロウィンでは死者の霊と一緒に魔物や悪霊も現れると考えられていたこと。考えてみれば、あの世とこの世の扉が通じた時に、こちらに来るのが良い霊だけとは限りませんね。

ここでケルトの人たちはどうしたかというと、悪霊をお祓いするのではなく…

自分たちもお化けの格好をして魔物たちを驚かせ、追いだそうとしたのです。これがハロウィンの仮装の始まり。

普通なら魔除けやお祓いで対応しそうなところを、魔物には魔物で対抗するという発想が面白いですよね。

スポンサーリンク

カボチャの提灯、ジャック・オ・ランタンって何者?

thum_216ハロウィンの代表的な飾り付けである、ジャック・オ・ランタン。オレンジ色のカボチャをくり抜いて顔を付け、中にロウソクを灯した提灯です。

提灯を灯すのには2つの理由があり、ひとつは仮装と同じく、魔物を追い払うための魔除けの意味。もうひとつは、この世へ訪れる死者の霊を導くための目印だと言われています。

これも、お盆の提灯や送り火・迎え火の習慣とよく似ていますね。

遠く離れた異国同士の文化ですが、ハロウィンとお盆には共通点がたくさん。ケルトのお盆がハロウィンなのかと思うと、ハロウィンがもっと身近に感じられるかもしれません。