バレンタインのトリュフチョコを可愛くラッピングする方法

トリュフチョコを自分でラッピングしてみよう!

チョコレートの写真。トリュフチョコなどが数粒アップで写っているバレンタインギフトとして人気のトリュフチョコレート。高級感があるので、本命チョコとして手作りにチャレンジする人も多いですね^^

さて、このトリュフチョコ、作ったはいいけれど迷ってしまうのがラッピング。コロコロ丸いので、自分で包もうとしてもなかなか難しい…

せっかく愛情込めて作った手作りチョコ、ラッピングまできれいに仕上げて渡したいですよね。バレンタインにトリュフチョコを手作りしようと思っている女性向けに、トリュフチョコをきれいにラッピングできる方法やアイテムをまとめました。

スポンサーリンク

手作りトリュフラッピングの必須アイテム、グラシンカップ

チョコレートの下に敷く、薄い紙カップは「グラシンカップ」という名前。トリュフチョコレートのラッピングには必須アイテムです。

グラシンカップに入れるだけで、手作りチョコが一気に本格的な雰囲気に。チョコが横に転がり出たり、チョコレート同士がくっついてしまうのを防ぐという実用的な役割もあります。

チョコレート用のギフトボックスにはグラシンカップがセットになっていることも多いので、まずはギフトボックスを決め、足りなければ少し多めに買い足しておきましょう。

スポンサーリンク

安いからって油断できない!100均のチョコレート用ギフトボックス

チョコレートの写真。トリュフチョコ2粒が仕切り付きのギフトボックスに入っている丸くて転がりやすいトリュフチョコ。1番手軽で確実なのは、やっぱりチョコレート専用のギフトボックスです。

チョコレートが1粒ずつ入れられる、仕切り付きのボックスなら、箱の中で動いてしまいやすいトリュフチョコでも安心。

チョコレートボックスを探すのに適しているのは、実は100均。バレンタインシーズンなら、たいていの100均でチョコレートボックスの入手が可能です。しかも種類が多いのが利点。

箱型以外にも、透明ケースで中身が見えるタイプ、袋タイプのものなど、いろんなタイプのチョコレートボックスが販売されています。デザインバリエーションも豊富で、100均だからと侮れません。

トリュフチョコ用のギフトボックスを探すなら、真っ先にチェックしておきたい場所です。

1個ずつ配りたいならキャンディ包みがおすすめ

キャンディのイラスト。包み紙に包んだキャンディが3つ並んでいるトリュフを1粒ずつ配りたい時は、キャンディ包みがおすすめ。

グラシンペーパーに乗せたトリュフチョコをクッキングペーパーで包み、その上からラッピングシートで巻いて両端をリボンで結ぶだけで、簡単手のひらサイズのプチギフトの出来上がり。

1粒だけでなく、2~3粒を並べてキャンディ包みにすることもできます。その場合は、包みがぐにゃっと曲がらないよう、トリュフの下に厚紙などを敷いて補強しましょう。

こだわり派には、ラッピング専門店のトリュフ用ギフトボックス

ラッピング専門店のトリュフ用ギフトボックスなら、まるでお菓子屋さんのチョコレートのような本格的な仕上がりに。

ただ、ラッピング用品は業務用も多いので、50枚や100枚など、まとまった枚数で販売していることも珍しくありません。

通販で購入できるチョコレートボックスの中から、個人でも買いやすい数と値段の商品をピックアップしました。

トリュフケース TSUTSUMI 深紅 6仕切

トリュフケース TSUTSUMI 深紅 6仕切
価格:1,237円(税込、送料別)