年越しそばを食べるタイミング、31日か1日か…正解はどっち?

年越しそばは大晦日のうちに食べるのか、年が明けてから食べるのか?

せいろに盛られた蕎麦の写真年末の風物詩である、年越しそば。

普段おそばを食べない人でも、この時ばかりは、年越しそばで新年を祝うのではないでしょうか。

ところで、この年越しそば…

大晦日のうちに食べるのと、年が明けて元旦になってから食べるのと、どちらが正しいタイミングなんでしょうか?

年越しそばを食べるタイミングは家庭によって違うでしょうが、正しい決まりや慣習があるのかどうか、ちょっと気になりますよね。

年越しそばの由来や、年越しそばを食べる本来のタイミングについてまとめました。

スポンサーリンク

年越しそばの起源は江戸時代、大晦日にそばを食べたのが始まり

お箸で持ち上げた蕎麦の写真年越しそばの風習が始まったのは、江戸時代。

おそばは他の麺類に比べて麺がぼそぼそと切れやすいことから、「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日におそばを食べるようになりました。

と、いうことは…

年越しそばは、年が変わらない大晦日のうちに食べるのが本来の意味に合っているだと言えますね。

そのため、日付が変わって年が明けてから年越しそばを食べるのは縁起が悪い、年越しそばを残してしまうと災厄が残るので運気が落ちるという説もあります。

これらの意味や由来を考えると、年越しそばは大晦日のうちに食べるのが正しいタイミング、ということになりそうです。

スポンサーリンク

元旦に年越しそばを食べる地域もある

年越しそばは大晦日に食べるものだということがわかりましたが、一部の地域には例外もあります。

白虎隊で有名な福島県の会津地方では、「元旦そば、2日もち、3日とろろ」という言葉があり、おそばは元旦になってから食べる習わし。

新潟県でも、元旦におそばを食べたり、1月14日に十四日そばと呼ばれるそばを食べる風習があります。

一般的には大晦日の晩ごはんとして食べられることが多い年越しそばですが、もし元旦にそばを食べて育ったという人は、その地域や両親の出身地の風習が影響しているのかもしれませんね。

長年受け継がれている風習には、ご先祖さまたちの思いや願いが隠れているもの。年越しそばを食べる意味を感じながら、来るべき新年を祝いましょう。