衣替えの臭いの取り方 カビ臭い服は消臭と洗濯、どちらが効果的?

衣替えした服がカビ臭い…即効で臭いを消す方法は?

衣替えでタンスから取り出した洋服がカビ臭い…

そんな時、すぐに臭いを取る方法を紹介します。

スポンサーリンク

カビ臭い服の消臭方法

衣替えで服に付いた臭いを取る手順は、次のとおり。

  1. 風通しと日当たりの良い場所で干す
  2. それでダメならお風呂場で一晩干す
  3. それでダメなら洗濯する

タンスや衣装ケースに仕舞っておいた服が臭う原因は、カビか防虫剤のどちらかであることがほとんど。

「ちょっとカビ臭い」「ナフタリン臭い」という程度なら、干しておけば臭いは取れます。

今すぐ着たい!という急ぎの場合は、ドライヤーで乾かしてもOK。

それでも臭いが取れない場合は、お風呂場で一晩干してみてください。

防虫剤の成分は揮発性で熱や水分に弱いので、この方法は防虫剤の臭い取りに特に効果があります。

当たり前ですが、湿気を含んだ服を放置すると新しく臭いが発生してしまうので、その後は改めて乾かしてくださいね。

急ぎの場合や服の枚数が少ない場合は、お風呂場の代わりにアイロンのスチーム機能でも代用できます。

スポンサーリンク

衣替えの臭いが取れない場合は洗濯し直す

干しても臭いが取れない場合は、ちょっと面倒ですが洗濯し直すのが一番。

この場合、タンスや防虫剤の臭いが服に移っただけではなく、服に残った皮脂汚れが酸化して、古い油や粘土のような臭いになっていることが多いです。

夏物のTシャツやワイシャツでは、酸化した汚れ部分が黄ばみになっていることも。

この状態だと、汚れ自体を落とさない限り臭いは消えないので、ただ干してもあまり意味がありません。

少し臭うくらいなら普通に洗濯すればOKですが、汚れや臭いがひどい場合は、ワイドハイターなどの酵素系漂白剤を使ってみてください。

臭いの原因となっている皮脂汚れを分解して、きれいに臭いを落としてくれます。

衣替えの臭い対策、来年は臭わないために…

毎年2回はある衣替え。

その度に消臭やら洗濯やらするのは、なかなか面倒なので、最初から臭いが出ないように対策できればそれに越したことはありません。

衣替えの臭いの原因は

  1. カビ
  2. 防虫剤
  3. 服に残った皮脂汚れ

の、いずれかなので、この3つの対策をしておけば、かなりの確率であの臭いは予防できます。

カビの原因はほぼ湿気なので、カビ対策には除湿剤や吸湿シート。

ドラッグストアでも売っていますが、基本的に使い捨てでコスパが悪いので、こちらの繰り返し使えるタイプが便利でおすすめです。

吸湿すると色が変わってお知らせしてくれ、天日干しすればまた乾いて何度も使えます。

防虫剤対策には、無臭タイプやアロマタイプの防虫剤。

最近の防虫剤は無臭で1年間使えるものが多いので、これはどこでも買えるかと思います。

高価なスーツやジャケットなどには、着物用の無臭防虫剤もおすすめ。

着物愛好家に人気の商品ですが、防虫・防カビ・除湿機能がすべて入っているので、衣替えにもぴったりです。

皮脂汚れ対策は、衣替え前にしっかり洗濯をしておくこと。

一度着たままの服や、洗い方が足りない服は、油臭の原因になります。

特に汚れがひどいものは、タンスや衣装ケースに仕舞う前に、漂白剤で洗濯しておくと確実です。

衣替えの臭いを取る方法まとめ

  • カビや防虫剤の臭いは、風通しと日当たりの良い場所に干しておけばだいたい取れる
  • それでもダメなら風呂場で干すか、スチームアイロンを当てる
  • それでもダメなら洗濯する
  • 服の臭いの原因はカビ、防虫剤、服に残った皮脂汚れのいずれか
  • 吸湿シート、無臭の防虫剤、酵素系漂白剤で対策しておけば、衣替え時の臭いを予防できる