ステンレスやかんの掃除方法まとめ 焼け取りや茶渋をきれいにする裏技

ステンレスやかんの掃除方法

ステンレス製やかんの掃除方法 焼けも茶渋も一度でピカピカ!

使っているうちに焼けたり焦げたりで黒ずんでくるステンレス製のやかん。

でも、キッチンハイターなどの漂白剤はステンレスには使用できません。

ステンレスやかんを身近にあるものでピカピカに掃除する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ステンレスやかんの焼け取り方法

ステンレスやかんの掃除には、重曹ペーストがとても効果的です。

重曹に少量の水を混ぜてペースト状にしたもの(だいたい重曹3:水1くらい)をスポンジに付けてやかんを磨くと、焼けや黒ずみがきれいに落ちて、ピカピカの銀色に戻ります。

重曹には消臭効果もあるので、やかんの臭い取りにもなって一石二鳥。

汚れがひどい時は、ペーストを塗ってしばらく放置してから磨くと汚れ落ちがよくなります。

たいていの汚れはこれで落ちるので、ステンレスやかんはとりあえず重曹ペーストで掃除すればOK。

…なのですが、茶渋や錆びなどを個別に落としたい時の方法も次に紹介します。

スポンサーリンク

ステンレスやかんの茶渋を落とす方法

やかんでお茶を煮出していると、内側にけっこうビックリするレベルの茶渋が付いていることがあります。

重曹でも茶渋は落ちますが、頑固な茶渋をゴッソリ落としたい時は、セスキ炭酸ソーダが活躍。

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりアルカリ性が強い、重曹の強力版みたいなもので、重曹同様、100均でも購入できます。

このセスキ炭酸ソーダを大さじ2~3杯くらいやかんに入れて水を入れ、沸騰させて火を止めたら一晩放置。

こうして漬け置き後に磨くと、かなり濃い目の茶渋でもスルスル落ちて快感です。

何年も蓄積した歴史ある茶渋でもきれいに取れるので、やかんの内側が真っ茶色!という場合にはこの方法をお試しください。

ステンレスやかんの錆びの落とし方

ステンレスとは「錆びない鉄」という意味で付けられた名前なのですが、実際には錆びることも多いですよね。

そんな時は、ケチャップを使うとステンレスの錆落としができます。

ケチャップを折りたたんだアルミホイルやスポンジの固い面など、ケチャップを吸収しにくい物に付けて、錆をこすってみてください。

ケチャップに含まれる有機酸が錆と反応して、やかんに付いた錆が取れます。

錆がひどかったり範囲が広い場合は、ケチャップを塗った上からキッチンペーパーで10分ほどパックを。

ケチャップに錆とは意外な組み合わせですが、本当に錆が取れるので、やってみるとびっくりすると思います。

ちなみに、この技はやかんだけでなく流し台などにも使用OK。

ケチャップはわりと余りやすい調味料だと思うので、使い残しのケチャップがある場合は、キッチンの錆取りに活用してみてください。

ステンレス製やかんの掃除方法まとめ

  • ステンレスには漂白剤は使えない
  • 重曹に水を加えた重曹ペーストで、ステンレスやかんの外側の焼けも、内側の汚れも掃除できる
  • 頑固な茶渋には、セスキ炭酸ソーダを沸騰させてからの漬け置きが効果的
  • 錆を落としたい時はケチャップで磨くと良い

参考書籍)
重曹生活のススメ(飛鳥新社)
伝えていきたい暮らしの知恵(学研パブリッシング)
目からウロコのお掃除の裏ワザ(PHP研究所)
おばあちゃん直伝 生活の知恵袋(ゴマブックス)