畳の汚れの落とし方 クレヨンやインク 時間の経ったシミを落とす方法

畳の汚れの落とし方

畳の汚れやシミの正しい落とし方 時間の経った汚れもこれで消える

い草でできている畳は、フローリングに比べてデリケート。

汚れが気になっても、普通に洗剤で掃除していいものか迷いますよね。

汚れの種類別に、畳の正しい汚れの落とし方を解説します。

スポンサーリンク

畳の汚れ クレヨン編

子供と和室で遊んでいるとやってしまいがちな、クレヨンの汚れ。

クレヨンの汚れは油性なので、普通にこすったり水拭きしただけでは取れません。

乾いた布に少量のクリームクレンザーを付けて拭き掃除します。

あまり強くこするとクレヨンが畳の目に入り込んでしまうので、優しく丁寧に拭くのがコツ。

クレヨンが落ちたら、固く絞った雑巾で水拭きし、その後乾拭きをしてよく乾燥させてください。

畳は湿気に弱いので、濡れたまま放置すると傷みやカビの原因になります。

クレヨンを落とすのに、歯磨き粉と歯ブラシを使ってこする方法もありますが、うちでやってみたところ、歯磨き粉が畳の目に詰まり、かえって薄白く汚れてしまいました。。

しかも、乾いた歯磨き粉のポロポロ出てきたりと、あまり良いことがなかったので、次からは歯磨き粉はやめて、クレンザーを使うことにしました。

クレンザーなら、ちゃんと拭き取れば白残りしないし、カスも出ません。

歯磨き粉のほうが手軽で安全だから良いだろうと思ったのですが、後のことを考えるとクレンザーのほうがトータルで楽でした。

というわけで、個人的には畳のクレヨン汚れはクレンザーでの拭き掃除をおすすめします。

スポンサーリンク

畳の汚れ インク編

畳にインクや墨汁をこぼしてしまった汚れは、牛乳で湿らせた布で拭き取り、その後よく乾拭きします。

時間が経って落ちなくなってしまったシミ汚れは、次の落とし方を試してみてください。

時間が経った畳のシミを落とす方法

インク、醤油、コーヒー、ワイン、血など、色の濃いものをこぼしてから時間が経ってしまったシミ汚れは、普通に拭き掃除しただけでは落ちません。

ここは最終手段、漂白剤の出番です。

キッチンハイターなどの塩素系漂白剤を2倍に薄め、綿棒を使ってシミ部分に付けてください。

広範囲にバシャッとかけたりゴシゴシこすると、畳を傷めたり、汚れの範囲をかえって広げる原因になるので、畳の目に沿って、綿棒で少しずつ付けるのがコツ。

漂白剤を塗り終わったら、固く絞った濡れ雑巾で拭き取り、最後に乾拭きで仕上げます。

畳のシミというのは、い草自体が変色してしまっているので、完全に元には戻すのは難しいですが、漂白剤でシミを脱色することで、シミが目立たない状態にすることは可能です。

時間が経つほどシミも取れにくくなるので、畳を汚してしまったら、できるだけ早く掃除してあげてくださいね。

もし漂白剤まで使ってもシミが取れない、汚れが気になるという場合は、市販の畳補修用シートを使う方法も。

畳の汚れや焦がし跡をカモフラージュするための専用シールで、ハサミでカットして貼り付けて使います。

いくつかのカラーバリエーションがあり値段も安いので、どうしても落ちないシミがある場合には試してみてください。

畳の汚れの落とし方まとめ

  • クレヨンの汚れは乾いた布にクレンザーを付けて優しくこする
  • インク汚れは牛乳で拭き取る
  • 醤油やコーヒーなど色の濃いシミ、時間が経った頑固な汚れは2倍に薄めた漂白剤で落とす
  • 畳は湿気に弱いので、拭き掃除の後は乾拭きで仕上げる

参考書籍)
役立つ家事の知恵311(日本ヴォーグ社)
自分でできるリフォーム&修繕大百科(学研プラス)