【女性編】結婚式の服装マナー総まとめ。その服装、痛い女と思われてない?

結婚式の女性の服装、「白い服はNG」だけだと思ってない…?

ピンクのドレスにロングヘアの女性の横顔の写真女性が結婚式に参列する時に、白いパーティドレスやワンピースがNGなのは、もはや常識。白は花嫁のための色ですからね。

でも、白でなければ何でもいい、というわけでもありません。結婚式の服装マナーは他にもあります。

結婚式は、友人に新郎新婦の親族、会社の人などたくさんの人が集まる場所。

知らずに恥をかいたり、痛い女と思われないように、女性が結婚式に参列する時の服装マナーを、もう一度見直しておきましょう。

スポンサーリンク

知らないと恥ずかしい!結婚式の女性の服装、NGマナー

  • 白いドレスは基本的にNG
  • 全身が白っぽい服装、全身が黒っぽい服装はNG
  • 肩出しやミニスカートなど、露出の多い服装はNG
  • 黒のストッキングはNG
  • つま先やかかとの見えるサンダル系の靴はNG
スポンサーリンク

淡い色のドレスに、白やベージュのボレロを合わせていない?

結婚式では、花嫁以外の女性が白いドレスを身に付けるのはタブーです。

ベージュやクリーム色、ライトイエローなどの淡い色のドレスであれば問題はないと思うかもしれませんが、注意したいのがコーディネート。

淡い色のドレスに、白いボレロを合わせたりしていませんか?

淡い色+淡い色のコーディネートだと、遠目には全身が白っぽい服装に見えてしまい、結婚式には好ましくありません。また、着席中は白いドレスを着ているようにも見えてしまいます。

淡い色のドレス自体には問題はありませんが、ボレロやショールなどの羽織ものは、濃い目の色を合わせるようにしましょう。

黒や紺のドレスはいいけれど、全身真っ黒では喪服です!

無難な選択で人気の黒のドレス。特に30代以降の女性になると、参列者の大半が黒いドレスということも珍しくありません。

黒や紺などのダークカラーのドレス自体は問題はないのですが、白の時と同じく、全身真っ黒にしてしまうのはNG。

せっかくのお祝いの席なのに、全身黒っぽいコーディネートだと、まるで喪服になってしまいます。

黒や紺のドレスを着る時は、ボレロやショールは明るい色にして、全身が黒にならないように気をつけましょう。

肩や足の出た、肌の露出の多すぎる服装はNG

結婚式は、2人が夫婦となることを誓う神聖な場。結婚式の参列者には、神聖な場所に立ち会う品位と慎みが求められます。

肩出し、ミニスカート、胸元が大きく開いたドレスなど、肌の露出が多い服装は結婚式にはNG。

必ずボレロやショールなどの羽織ものを用意して、肩は隠すのがマナーです。

ファーボレロはNGとされることもありますが、派手なものでなければ大丈夫。成人式の着物のような派手なファーは論外ですが、デザインの上品なものであれば、ファー素材の羽織ものでもOKです。

サンダル系の靴ではなくパンプスで、ストッキングは肌色を

結婚式の服装に合わせる靴は、パンプスが基本。ストッキングは肌色で、お葬式などの弔事をイメージさせる黒いストッキングはマナー違反です。

露出がNGなのは肌だけではなく、足元も同じ。つま先やかかとの見える、サンダルやミュールなどの靴はNGです。

つま先が見える靴は「妻が先に出る」ことから、離婚につながり、結婚式には縁起が良くないという意味もあるんですよ。結婚式で”言ってはいけない言葉”があるのと似ていますね。

ドレスにブーツを合わせようとする女性はあまりいないとは思いますが、冬だからといってブーツを合わせるのも、結婚式にはカジュアル過ぎるのでNG。

結婚式用には、ラメやエナメル素材などの華やかなパンプスを1足、持っておくと便利です。靴の色には決まりはないので、ドレスに合わせて好みのパンプスを選びましょう。

ただし、最初にお伝えしたように、全身白 or 全身黒のコーディネートにはならないように注意してくださいね。