新幹線に乗せられない犬もいる。どんな犬でも乗車OKじゃないので注意!

新幹線に犬を乗せる時のルールと注意点

犬の写真。ポメラニアンがこっちを見ている新幹線には犬も一緒に乗車できますが、どんな犬でも新幹線の乗車OKというわけではなく、乗せられる犬には決まりがあります。

知らずに連れて行ってトラブルになったり、可愛いワンコに嫌な思いをさせないためにも、事前に新幹線に犬を乗せる時のルールを知っておきましょう。

スポンサーリンク

新幹線に乗せられる犬には条件がある

犬を始めとするペットの乗車は、JRの規定できちんと認められています。ただし、新幹線に乗せられるペットについては次のような決まりがあり、この条件から外れるペットは残念ながら乗車することができません。

  • 子犬・猫・鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やヘビ類はNG)
  • 長さ70cm以内、縦・横・高さの合計が90cm程度のケース・ケージに入れること
  • ケースとペットを合わせた重さが10kg以内であること

上記のルールに従うと、新幹線に乗せられる犬は小型犬~中型犬まで。大型犬は新幹線に乗せることはできないので注意しましょう。

体重10kgは、一般的に次のような犬種です。柴犬がだいたい10kg前後なので、新幹線に乗せられる犬は、おおよそ柴犬くらいの大きさが目安になります。

チワワ、マルチーズ、ポメラニアン、トイプードル、パピヨン、ヨークシャーテリア、シーズー、ペキニーズ、パグ、フレンチブルドッグ、コーギー、ビーグル、柴犬、ダックスフント
スポンサーリンク

犬を新幹線に乗せるには、手回り品切符の購入が必要!

犬は、新幹線の乗車では「手回り品」という扱いになります。手回り品の持ち込みには、「普通手回り品切符」の購入が必要なので、乗車前に窓口で購入します。料金は乗車距離に関わらず、犬1匹につき280円。

当日になってから慌てないように、犬連れでの乗車の場合は、通常より余裕を持って駅に到着するようにしておきましょう。

犬用に座席を取ることはできない

新幹線車内の写真。誰も座っていない3人掛け座席

犬のために座席を取ることは、指定席・自由席とも禁止されています。

犬は全身が入るケージやキャリーケースに入れて、膝の上やシートテーブル、通路に置きます。

また、ケージから出して抱いたり、ケージを開けて顔を出してはいけません。飼い主さんとしては可哀想に感じるかもしれませんが、乗客みんなが動物好きとは限りませんし、ペットアレルギーを持っている人がいる可能性もあります。

可愛いペットが責められることにもなりかねませんから、ルールは正しく守って乗車しましょう。